Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ポータブルシャワーはホームレスの基本的なニーズに対応します

ポータブルシャワーはホームレスの基本的なニーズに対応します

5月13日、リトルトーキョーのユニオン教会で、動くシャワートレーラーの前に立つロサンゼルス衛生局のボランティアと職員たち。

アイリーン・エンドウ、ラヴ・チンブ著

リトル東京の暖かい春の日、家のない 27 人の男女が、私たちのほとんどが当たり前だと思っていることをする機会を得ました。 彼らはシャワーを浴びました。

ボランティアが寄付された靴を仕分けします。 50足が寄贈され、配布されました。

シャワーズ・オブ・ラブ社によると、シャワー付きのトレーラーにプログラム開始以来、1日に入場した人数としては最多だったという。 、ロサンゼルス衛生局(LASAN)の無料サービスを運営しています。

5月13日にロサンゼルスのユニオン教会で開催された第1回コミュニティ・ケア・デイは、シティ・ホール14、リトル・トーキョー・ビジネス・アソシエーション、LTBA財団、博士が協力して行われた。 、シェルターパートナーズ、日系アメリカ人オプティミストクラブ、東本願寺ルンビニガーデンチャイルドケアセンター、センテニアルユナイテッドメソジスト教会。

シャワーサービスに加えて、ボランティアチームはJAOと東ルンビニ公園から約100枚のランチバッグ、50足の靴と靴下、Tシャツを配布した。

計画では、移動式シャワーや、医療や歯科の検査、ID カードのサポート、紹介サービス、ヘアカットなどのその他の重要なサービスも継続する予定です。

100個近くのランチバッグが配布されました。

ロビン牧師に感謝します [Nuno] とユニオン教会の会衆会員の皆様は、本日施設を私たちと共有していただき、将来的に他の信仰に基づく組織とともに再び彼らと協力できることを楽しみにしています」と連合の広報担当者は述べた。

LTBA が次回のコミュニティ デイ オブ ケアの準備を進める一方で、毎年恒例の子供向けホームレス ガラの計画も同時に実施されています。 2019年にリトル東京で最初のコンサートを開催して以来、この財団は幼児から十代の若者まで500人以上の子供たちを受け入れてきた。 今年は9月28日(木)に開催されます。

パーティーでは、2013 年からホームレスの子供たちのためのイベントを企画しているロサンゼルスを拠点とする非営利団体ワーシー オブ ラブと提携して、多文化エンターテイメント、芸術品や工芸品、ふれあい動物園が目玉です。

LTBA 財団への寄付、住所 250 E. First St. Los Angeles, CA 90012、法律で認められる範囲で非課税。

写真:アイリーン・エンドウ/ラフォ・チンブ

READ  ハリー王子は、チャールズ皇太子とコーンウォール公爵夫人を彼の次の回想録で「ストーキング」することができました