Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ポーランドと日本のスマートグリッドプロジェクトは、風力エネルギー統合のためのバッテリーの適合性をチェックします

投稿: 2021年7月9日12:25

沿って:

Bystra Wind Farmでのポーランドと日本のスマートグリッドのデモンストレーションプロジェクト(写真)には、リチウムイオン電池と鉛蓄電池を使用したBESSハイブリッドが含まれています。 写真:ニド。

再生可能エネルギーをポーランドの電力網にさらに統合できるようにするためのバッテリーやその他の高度なエネルギー技術機器の保管の適合性は、ポーランドと日本のスマートグリッド実証プロジェクトで成功裏に検証されています。

日本の国立研究開発法人NEDOとポーランドのエネルギー省(現気候環境省)は、2017年にプロジェクトを実施する契約を締結し、2020年後半にオンラインになりました。ポーランドの輸送システムオペレーターであるPSE、ネットワークオペレーターの参加地域の販売代理店であるEOP、ポーランドの発電会社であるEOZEは、テクノロジー企業の日立、メーカーの昭和電工マテリアルズ、住友三井銀行株式会社( SMBC)商業銀行グループ。

ポーランド北部の24MW施設であるEOZEのBystraWind Farmにあるその目的は、いわゆる特殊保護システム(SPS)を導入しながら、風力発電所からの可変出力をバッテリーを使用してグリッドに統合する最善の方法を評価することでした。過負荷を防ぐことができる機器。ネットワーク障害が発生した場合の偶発的な風力発電送電線と、発電された電力を受け入れることができない場合。

HitachiとShowDenko Materialsは、26.9mWhの容量を持つ5x 1mWh鉛蓄電池モジュールと1mWh / 0.47mWhリチウムイオン電池貯蔵ユニットで構成されるハイブリッド電池エネルギー貯蔵システム(BESS)を共同で供給しました。 Hitachi ABB Power Gridsという名前で運営されているHitachiは、SPSシステムに機器を供給しました。

一方、SMBCの役割は、BESSとSPSに適用できるビジネスモデルを模索することでした。これには、より広範な普及のための資金調達モデルも含まれます。 EOZEは、プロジェクトの建設と運営、およびBESSの運営に第一義的な責任を負った。 バッテリーシステムは、ベータテストフェーズの後の4月初旬に完全に稼働し、完全なデモンストレーションプロジェクトは6月30日に終了しました。 EOZEはエネルギー貯蔵システムも所有しています。

BESSは、グリッドオペレーターPSEからの信号に基づく周波数回復予備力と交換予備力、風力発電所からのエネルギーのスムーズな変動、および価格安定化機能に使用できます。需要が少ないときに電気料金が低いときにバッテリーを充電し、需要があるときに放電します。は高く、エネルギーはより高価です。

ポーランドはエネルギー(貯蔵)の移行の準備ができているようです

石炭が支配的なポーランドでの再生可能エネルギーの導入ペースは、姉妹サイトとともに過去1年ほどで加速しています。 PV Tech 商業用および住宅用の屋上ソーラーセクターへの関心の高まりに加えて、多数の大規模プロジェクトについて報告します。 ポーランドでは依然として電力の約70%が石炭で生産されていますが、2020年にはヨーロッパで4番目に大きな太陽光市場であり、2030年までに国内の純電力消費量の32%を再生可能エネルギーで賄うことを目標としています。

国は、変化するエネルギーシステムにおけるエネルギー貯蔵の役割に迅速に取り組んでいるようであり、ポーランドの議会は現在、国内のエネルギー法を改正して、送電および配電ネットワーク機関が投資できるようにする規定を含む、エネルギー貯蔵の規制定義を採用するように動いています。インフラストラクチャ支出の一部としてのエネルギー貯蔵資産。

季刊誌の第27巻に掲載された、ヨーロッパのNational Energy StorageConsortiumの4人の代表者へのインタビューで PV Tech PowerポーランドのPSMEのBarbaraAdamskaは、エネルギー貯蔵はこれまでポーランドでのいくつかの「パイロット投資」に限定されていたが、規制スペースへの差し迫った変更がそれを変えるように思われると述べた。 キャリア自体、PGEは、2030年までにネットワークに少なくとも800メガワットを展開するとすでに述べています。

一方、日立は今月初め、スイスのエネルギーエンジニアリングおよびオートメーション会社ABBのパワーグリッド事業の買収を通じて形成されたエンティティである日立ABBパワーグリッドは、10月から日立エナジーとして知られると述べた。 日立は2020年半ばにABBの事業部門の買収を完了しました。日立エナジーは、バッテリーストレージソリューション、e-mesh Powerstore、デジタル分散型エネルギーリソースプラットフォーム用の電子ネットワークなどのデジタルネットワーク機器を製造しています。

最新のニュース、分析、意見を常に入手してください。 ここでEnergy-Storage.newsニュースレターを購読してください。

READ  住友商事はボーダフォンと提携してエチオピアテレコムプロジェクトに勝利