Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ポール渡辺教授が日本人強制収容所の歴史を語る – NBCボストン

ポール渡辺教授が日本人強制収容所の歴史を語る – NBCボストン

歴史の最も重要な教訓の 1 つは、過去の間違いを繰り返さないことです。 ボストンのマサチューセッツ大学のポール・ワタナベ教授が、第二次世界大戦中に家族が4年半も強制生活を強いられた日本軍強制収容所に学生たちを連れて行くのは、このためだ。

彼らにとって、マンザナールを体験するための4月のカリフォルニア砂漠への旅行は、精神的に消耗するものです。

「とても暑くて、いたるところに埃が舞っていました。私の最初の反応は、すごい、政府はこれらの人々を収容するために考えられる最悪の場所を選んだということでした。もう一つの驚くべき事実は、おそらくそれは意図的だったのでしょう」と学生のリマ・アル・リファイは語った。

私たちが渡辺さんのクラスに出会ったのは、マンザナーへの巡礼から戻ってきたところだった。マンザナーは、12万人の日系人を投獄するために米国政府によって設置された10の収容所のうちの1つである。 そのうちの3分の2はアメリカ国民で、残りは当時、市民権を取得できず、日本移民が市民権を持つことは違法であった。 私たちはクラスの議論に座っていなければなりませんでした。

「強制収容の経験全体は文化的虐殺だった」とロイシン・オキーフは語った。

「大統領令には、人々に持ち込むよう命じられた物のリストがあった。それは、ベッドシーツ、枕カバー、食器、衣服などであり、それ以外は何もなかった。人々はペットを連れて行くことを許可されていなかった。持ち込みも許可されていなかった」ジミー・ロバロは付け加えた。「家族の家宝。自分の文化を象徴するものは何でも。そしてそれは隠さなければならなかった」

渡辺さんは訪問について思いを巡らせ、涙を流した。

そこに行くたびに、そこにある人々の名前が表示されているスクリーンを見ると、そこには私の兄弟、私の父、そして私の母が見えます。 そして、本当にその場所でそれらを与えているような気がして、とても気分が悪くなります。 しかし、私がその場所を離れるときは、戻ってきてこう言う必要があると思います。 本当にそこに置いておくことはありません。 私はそれについて人々に知らせます。」

1942年、マンザナールには1万人の日系人が住んでいた。 彼らは全員、家を出るのに2日間の猶予を与えられ、いつ家に帰れるか見当もつかないまま、再定住センターでの生活を強いられた。 彼らのほとんどは国民であり、戦争で戦った息子を持つ人もいた。

「これらの人々は従軍しました。彼らはただ戦場で命を危険にさらしただけです。その後、他の人々が彼らに銃を向ける捕虜の中に戻らなければなりませんでした。彼らが自分たちの安全のためだと言うのは、それが最も侮辱的な部分でした」それだよ」と小さなケイトリン・エチェベリーが言いました。

ここの500の兵舎は監視塔と有刺鉄線で囲まれており、家族はそこに20×25フィートのスペースを確保していた。 彼らが住んでいたところには壁はなく、トイレやバスルームの間に仕切りもありませんでした。

ソフォニー・コンパスはその様子について、「彼らがどのようにプライバシーを持たなかったのかが分かりました。シャワーを浴びるときでさえ、全員が一人ずつでした。それは私が刑務所で想像していることを思い出させました。」と述べました。

「あなたはどこにもない真ん中にいるのです。いつも自分が正しい場所にいないように感じ、道に迷ってしまいます。まるでゴーストタウンのようで、そこにいる人々を感じるようです」とシドニー・モスはコメントした。

学生たちは皆若いですが、広大で不毛な土地を探索するにつれて、子供時代のクラスでは必ずしも存在しなかったアメリカの歴史の授業を受けていることに気づきます。

「私は日系人強制収容についてほとんど知りませんでした。ニューイングランドで育ったので、学校でも日系人強制収容についてあまり共感できませんでした。歴史上のこれらの人々は不当な扱いを受けました。今、私たちは彼らを讃える方法を持っています」とジュリア・マクドナルドは語った。

[1945年に第二次世界大戦が終わると、政府はマンザナールと他の9つの収容所を閉鎖した。彼らは彼らを解体し、生活を再建するために何千もの家族を送り出しました。

「こうした不正義は続いており、誰もが過去を振り返って『決して忘れるな』と言いたがる。私もその場にいたらもっと良かったのに。でも、こうした不正義は今も残っており、今が改善されるチャンスだ」とマリアナさんは語った。キャリー。

これは渡辺氏が生徒たちを将来導くことを望んでいる重要な教訓だ。

「何かを経験したとき、あなたの義務は、それを人々に伝え、二度と同じことが起こらないようにすることです。そして、多くの人にとって、それは日系アメリカ人が逮捕されることではありません。それがあなたの最大の懸念です。しかし、どんな懸念であっても、それは「この歴史は保存しなければならないものであるという考えを持たなければならないと思います。それを理解しなければなりません。非常に重要なことなので、それについて人々に伝えなければなりません」と彼は語った。

READ  ニュージャージーの芸術とエンターテイメントのニュース、特集、イベントのプレビュー。