Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

マイアミが始まり、トラックはF12022スケジュールに戻る

カナダグランプリは、2022年のF1スケジュールが記録的な23レースを設定するため、COVID-19のパンデミックが続いているため、中国グランプリがまだ保留されている間に戻ってきます。

2022年のスケジュールは、感謝祭の1週間前に始まり、感謝祭の直後、2021年の3週間前に終了します。

バーレーングランプリのスケジュールは3月20日に再開されます。 フォーミュラ1は、2021年12月5日に初開催となるサウジアラビアグランプリの第2ラウンドで、中東に残ります。

そこから、オーストラリアは2年間の休止の後、シリーズがヨーロッパで1週間イタリアに向かう前にスケジュールに戻ります。

2022年のF1カレンダーの第5ラウンドは、米国で開催される2つのレースの1つとして、5月初旬にフロリダ州マイアミで開催されるオープニングレースとなる予定です。

フォーミュラ1は、6月中旬にアゼルバイジャンに向かう前に5月にスペインとモンテカルログランプリのためにヨーロッパに戻ることによって世界中に広がり続けるでしょう。

カナダグランプリは1週間後の6月19日にスケジュールに戻ります。 過去2シーズンにわたって、このレースは2022年のスケジュールにないトルコのレースに置き換えられました。

その後、シリーズはヨーロッパに戻り、イギリス、オーストリア、フランス、ハンガリー、ベルギー、オランダ、イタリアで7つのレースを過ごします。

9月下旬、F1はロシアでレースを行い、その後アジアで2レースのスティントを行い、シンガポールと日本のレースが復活します。 シリーズによると、中国グランプリはそのスイングの一部ではありませんが、条件が許すとすぐに戻ってきます。

10月と11月にオースティン、テキサス、メキシコシティ、サンパウロ、ブラジルで開催されるサーキットオブジアメリカズとの最後の4ラウンドは、南北アメリカでの3つのレースで構成されます。

このシリーズは、2014年以降と同様に、アブダビでのクリスマスの1週間前に終了します。

「2022年のシーズンは、COVID-19パンデミックにより2020年に17レース、2021年に22レースのカレンダーが改訂されたため、F1レースで前例のない2年が経過しました。これは、スポーツの国際性を考えると大きな成果です。」 F1は声明で言った

過去2年間の困難な状況の中でも、F1は新しいトラックを追加し、2020年にイベントを開催できなかった場所に戻ることができました。

フォーミュラ1の社長兼最高経営責任者(CEO)であるステファノドメニカリは、次のように述べています。 今シーズンはこれまでのところ素晴らしいもので、大規模な戦いが繰り広げられ、大ファンがチャイムを鳴らし、パンデミックの影響を受けてファンがレースに戻ってきました。

「来シーズン、より多くのファンを迎えることを楽しみにしています。2022年は、ここ数年の生活よりも普通に感じられることを願っています。レースを主催することをいとわない会場からのフォーミュラ1への関心に非常に満足しています。そしてスポーツの成長と私たちは、目的地がマイアミのように有名で歴史的な場所に加わるので、2022年の素晴らしいカレンダーがあると信じています。

「パンデミックはまだ続いているので、私たちは引き続き警戒と安全を確保し、すべての従業員と訪問するコミュニティを保護します。」

2022年のカレンダー

3月20日バーレーン
3月27日、サウジアラビア

4月10日オーストラリア
4月24日、イモラ

5月8日、フロリダ州マイアミ
5月22日スペイン
5月29日、モナコ

6月12日アゼルバイジャン
6月19日、カナダ

7月3日イギリス
オーストリア7月10日
7月24日、フランス
7月31日ハンガリー

8月28日スパフランコルシャン

9月4日オランダ
9月11日モンツァ
9月25日、ロシア

10月2日シンガポール
10月9日日本
10月23日、テキサス州オースティン
10月30日メキシコシティ

11月13日ブラジル
11月20日アブダビ

READ  リバプールが移籍のハードルを乗り越えることができれば、フェデリコ・キエーザはディオゴ・ジョッタの道をたどることができます