Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

マイクロソフトは、ソニーにコール オブ デューティを PS Plus に搭載する権利を提供したと伝えられています。

マイクロソフト 提供した ソニー Call of Duty の表示権 プレイステーション サブスクリプションサービスに加えて。

これによると ブルームバーグ、この申し出は、米国連邦取引委員会をなだめ、690億ドルの買収を獲得するために行われたと主張しています. アクティビジョンブリザード 同意した。

この投稿は、マイクロソフトがフランチャイズと独自のフランチャイズを提供したと主張しています PlayStationコンソールでのフランチャイズのリリースに対する10年間のオファー. 最近、同様の契約を締結しました 任天堂。

ブルームバーグは、ソニーがまだこの取引を受け入れていないことを理解している.マイクロソフトが業界最大のサードパーティとその最大のフランチャイズの1つを支配する合併に反対し続けている.

Modern Warfare II + Warzone 2.0 – PlayStation Advantage のお知らせ

マイクロソフトがサブスクリプション サービスの一部としてフランチャイズを含める能力をソニーに与えたことは、世界最大のマルチプラットフォーム コンソール ゲームをわずかな月額料金でエコシステムに提供することで、マイクロソフトが不当に競争するだろうという議論を相殺する動きになる可能性があります。 .

コンソール ゲームのベストセラー リストで定期的にトップに立つシングル プレイヤー シューティング シリーズであるコール オブ デューティは、理論的には、この契約後に Microsoft プラットフォーム専用になる可能性があります。

ただし、Microsoft が Activision Blizzard を買収する意向を発表して以来、同社は、少なくとも 10 年間はゲームを終了しないことを確認しています。

これは、ソニーが取引に反対する規制当局への主要な議論の1つとしてゲームを使用することを止めませんでした.

Microsoft Games の CEO である Phil Spencer 氏 最近主張した 二度目のお願い ポッドキャストは、「ソニーは、コンソールでの支配的な地位を守るために取引が行われなかった理由についての会話をリードしているため、彼らが保持しているのはCall of Dutyです.

彼は続けて、「世界最大のコンソールメーカーは、プラットフォーム上で引き続き出荷されると私たちが言った1つのフランチャイズに対して抗議を表明しました。これは、選択とアクセスを通じて顧客に利益をもたらす取引です.」

木曜日に、米国の規制当局 彼女は、687億ドルの取引を阻止しようとしていると言った マイクロソフトが「競合他社を抑圧」できるようになると彼は信じているからです。 Xボックス コンソールとそのサブスクリプション コンテンツおよびクラウド ゲーム ビジネス。

先週、Microsoft のチーフである Brad Smith は、書類でより詳細な情報を提供しました。 ウォールストリートジャーナル 会社のプレゼンテーションに関する社説 PlayStation で Call of Duty フランチャイズを維持するには.