Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

マカオ・デイリー・タイムズ澳門每日時報日本の薩摩国、マカオとの貿易関係強化に注目

C彼は非難する 主要市場およびパートナーとしてのマカオ 日本の鹿児島県のある都市の市長は、同地域がマカオの大企業とのさらなるビジネスチャンスを求めていると発表した。

昨日、ニューヤオハンで開催された日本の薩摩県産品を特集した小売イベントの傍らで、薩摩川内市市長で薩摩大規模輸出促進協議会会長の田中隆治氏は、商業レベルでは彼の地域は素晴らしいと語った。サプライヤーが参加できる機会を探しています… マカオの食べ物は薩摩の国の産物に基づいています。

薩摩県は、薩摩川内市、日置市、阿国市の3つの市から構成されています。

マカオを3回訪問した田中氏は、他の市長や香港の鹿児島県代表もこの機会にマカオを訪れたと述べた。

ビジネスチャンスを探るため、代表団はマカオの各地を訪れ、主に長年にわたるパンデミックによる規制の後にマカオへの親しみを取り戻すことを目的とした。

今回の訪問の性質上、市長は、自分の地域の製品が他の高品質な日本製品と比べてどのように際立っているのか尋ねられました。

市長は、日本製品を説明するために使われた肯定的な言葉に感謝の意を表し、鹿児島県は日本の食糧庫と呼ばれており、薩摩牛は昨年の全日本和牛オリンピックで優勝し、日本の他の地域よりもその品質が優れていることを強調したと述べた。

また、市長は、この地域のサツマイモも非常に繊細な品質を持っており、非常に人気があると述べました。 麺類や焼酎などの関連商品も人気です。

日本地域の40以上の商品を集めた展示会が今から火曜日までニューヤオハン百貨店のスーパーマーケットで開催されている。 特産品には、加工食品、魚介類、香辛料、酒、水、茶葉、薩摩の国のお菓子などがあります。

READ  湾岸地域で黒いスイカを見つける場所はここにあります