Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

マクロン大統領の国外離脱で農家がアルディさんとリドルさんを狙う

マクロン大統領の国外離脱で農家がアルディさんとリドルさんを狙う

エマニュエル・マクロン大統領がトラクターによるパリの「包囲」が続いているにもかかわらずスウェーデンを訪問している間、フランスの農家は「不当な」低価格に抗議してアルディとリドルを標的にした。

ペイザンヌ連合に所属する農家らは火曜日朝、フランス南東部ヴォクリューズ県カヴァイヨンにあるアルディ物流センターの入り口を封鎖していた。その数時間後、彼らの同僚がガール県ボーケールにあるリドル物流センターに対して同様の行動を起こした。

この運動の広報担当者はBFMテレビに対し、「スーパーマーケットは今年下半期に巨額の利益を上げたが、我々はまったく利益を得ていないため、付加価値のより良い共有を要求するために物流プラットフォームを封鎖したいと考えている」と語った。

「私たちは消費者に価格を転嫁することなく価格を値上げするよう求めており、結果的に利益率が低下します。

同氏は「必要な限り滞在する」と付け加えた。

昨夜、約20人の農民がボーカーのリドル物流センター前にゴミを捨てて放火し、正門が倒壊した。

火曜日朝、フランス西部ロワール・アトランティック県にあるフランスのスーパーマーケット大手ルクレールの物流拠点へのアクセスを、約200人の農家と50台のトラクターが遮断した。

フォローして最新情報を入手し、コメントで会話に参加してください

READ  カナダとデンマークは、北極圏の不毛の岩をめぐる数十年前の論争を終わらせます。 北極