Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

マクロン大統領は、ウクライナに対して中立を維持している国を批判し、ロシアと「共謀している」と述べている – Politico

ニューヨーク – フランスのエマニュエル・マクロン大統領は同紙に対し、ウクライナでのロシア戦争で立場を取ることを拒否する国々は、モスクワの「新帝国主義」に「加担している」と語った。 熱烈な演説で火曜日の国連総会。

マクロン大統領は、「今日沈黙している人たちは、自分の意志に反しているか、密かに共謀しているかにかかわらず、新たな帝国の大義に奉仕している.

マクロン大統領は、開戦以来の強烈な発言の中で、ロシアのウクライナ侵略は「帝国主義と植民地主義の時代への回帰」を表していると述べ、世界は「戦争か平和か」の選択に直面していると述べた。

フランスなどの西側の同盟国は、ウクライナへの侵攻を受けてロシアに対して統一戦線を示しましたが、アフリカとアジア全体での反応はより鈍かった.

一部の国はロシアを強く非難することに消極的であり、インド、ブラジル、南アフリカ、インドネシア、 投票中に棄権した との決定について 国連人権理事会におけるロシアのメンバー資格の停止。

フランスの大統領は、世界中の代表団に向けて、食糧、エネルギー、経済の面で戦争の影響を受けた国々が感じている「不当な感覚」を認めました. しかし、彼はまた、「中立」の立場にとどまりたい人々に強い警告を発した.

彼は言及した 非線形の動き 冷戦中。

フランスが世界の貧しい国々への紛争の影響に無関心ではないことを示すために、マクロン大統領はスピーチの中で、国連世界食糧計画と協力して、フランスがウクライナ産小麦のソマリアへの輸送に資金を提供すると発表しました。 .

フランス大統領の批評家は、クレムリンとのコミュニケーションを維持するという彼の決定と、ウクライナについての以前のコメントのために、心からウクライナを支持していないと非難した。 戦争の最中にロシアを「屈辱」にしたくない。

国連で演説したマクロン大統領は、「平和を取り戻す」ためにロシアとの「対話」を続けると述べた。

訂正: この記事は、各国が 4 月に国連人権理事会へのロシアの参加を停止する投票を行ったことを示すために訂正されました。

READ  「私たちは真実が必要です」:オデッサ「ロシア人を取り除く」キャンペーン| ウクライナ