Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

マグニチュード7.5の地震がフィリピンを襲い、フィリピンと日本で津波警報が発令された

マグニチュード7.5の地震がフィリピンを襲い、フィリピンと日本で津波警報が発令された

[ロイター] – 土曜日遅く、フィリピン南部のミンダナオ島で少なくともマグニチュード7.5の地震が発生し、高さ1メートルに達する津波の警報により、一部の地域と日本の南西海岸で避難勧告が出された。以上。

フィリピン地震庁(PHIVOLCS)は、波は真夜中までにフィリピンを襲い、数時間続く可能性があると述べた。

米国の津波警報システムは、フィリピンの一部の海岸沿いでは潮位より最大3メートルの波が来る可能性があると発表した。

「この期間中にすでに海上に出ているボートは、追って通知があるまで沖合の深海に留まるべきだ」とPHIVOLCSは述べ、南スリガオ州と東ダバオ州の海岸近くに住む人々に「直ちに避難する」か「遠くに移動する」よう呼び掛けた。内陸。”

NHKは、日曜午前1時30分までに、高さ1メートルの津波が約30分以内に日本の南西海岸に到達すると予想されていると発表した。

PHIVOLCSは、地震自体による重大な被害が予想されると述べたが、余震については警告した。

震源地に近い海岸沿いの町ヒナトゥアンの地元警察署長レイマーク・ジンタラン氏は、地震以来停電が続いているが、災害対応チームはこれまでのところ人命の損失や被害を確認していないと述べた。

フィリピンは、太平洋を取り囲む地震活動が起こりやすい火山地帯である「環太平洋火山帯」に位置しており、地震が頻繁に発生します。

欧州地中海地震学センター(EMSC)は、深さ63キロメートルでマグニチュード7.5の地震が発生したと発表した。

米国地理院によると、地震の規模はマグニチュード7.6、深さは32キロで、フィリピン時間午後10時37分に発生したという。

READ  日本の戦闘機契約後、英国のロールスロイスで数百人の雇用が創出される可能性があります