Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

マシュマロのソフトパワーを発揮する大阪菓子メーカー

大阪で老舗の日本のスイーツショップ、八千代堂はマシュマロ製品を専門としています。 (相馬屋亮太撮影の動画、八尾堂提供のクリップの一部)

大阪-部外者が表明した困難、悲劇、疑念の中で、100歳の菓子職人の上司は、マシュマロがビジネスの未来であると確信し続けてきました。

大阪市生野区に本拠を置く八千代堂社長の蘇堀さん(46)は、「成長が期待できるマシュマロを作ることにとても興奮している」と語った。

2022年を祝い、中国の天文暦で虎の年を祝うために、同社は寅さん(虎)のマシュマロを製造しました。

八千代堂の品揃えは、オンライン問屋や直販で販売されている数十種類のマシュマロ商品で構成されています。

「人々は 『マシュマロだけ』のビジネスは危険だと言うかもしれません」と堀は言いました。 「しかし、それから始めると、マシュマロほどの可能性を秘めたデザートはありません。」

彼の先祖は、顧客が西洋のデザートを求めて伝統的な店に集まるとは想像もしていなかったかもしれません。

八千代堂は1911年から営業しています。当時、堀の曽祖父である高市は、大阪の仮設住宅の近くでライスビスケットを販売していました。「」今日の西区の松島真石のナイトライフ地区。

事業が拡大し、高石は日本のゼラチンを主成分とする和風デザート「ほうぞい」を作り始めました。 しかし、人々は盆の休日の週にのみほうずいを買う傾向があります。

八千代堂は約80年前から、ほうずいに似た食感のマシュマロの実験を始めました。 堀の祖父和弘が事業を引き継いだ後、同社はマシュマロを主要製品にすることに注力した。

八千代堂は、虎の年である2022年に「とらさんマシュマロ」を制作しました。 (八千代堂提供)

堀は若い頃、店の職場に足を運び、余分なお金を稼いでいました。

しかし、彼は少なくとも一度は家業の外で働きたいと思ったので、彼は食品製造会社に就職しました。

堀は24歳の時、「祖父の翼の下で経営を学び、マシュマロの作り方を学ぶ」ことを目指して八千代堂で働き始めました。

堀の計画は、和弘が病気になった4年後に中止されました。 老舗企業の経営が急に堀の肩にかかった。

彼は毎日病院の和弘を訪ね、「どうすればクライアントとコミュニケーションが取れますか?」などの質問をしていました。 と「従業員をまとめるにはどうすればよいですか?」

翌年、別の悲劇が会社を襲った。 操業のバックボーンとされていた工場長が突然亡くなりました。

「経営だけでなく、生産にも全責任を負わなければなりませんでした」と堀は振り返る。

機械の故障でさえ、すべてを停止させました。 堀江がプロセスを簡素化しようとしたとき、生産の流れが途絶えました。

あるお客様から「八千代堂の味がなくなった」との苦情がありました。

「当時のことを思い出せないほど大変でした」と堀は苦笑いしながら言った。

20220107-デザート-3-L
大阪市生野区八千代堂のクリスマスをテーマにしたマシュマロ(八千代堂提供)

数年後、事態は好転しましたが、堀は「キャンディーの中のマシュマロを見る」方法に不満を抱いていました。

堀の周りの人からは「若い頃に食べたのを覚えていますが、美味しくなかった」とのことでした。

彼は、マシュマロが屋外の戦闘サバイバルゲームで発射体として使用されたとさえ聞いていました。

しかし、堀江はマシュマロにこだわって、付加価値が必要だと判断しました。

彼は、猫と犬、ハロウィーン用のカボチャと幽霊の形をしたマシュマロ、クリスマス用のサンタクロースの形をしたマシュマロなどの「かわいい」製品をデザインしました。

それらを購入した子供たちは、これらの製品に惹かれ、「それらを食べるのは悲しい」と感じたと言いました。

堀江さんはマシュマロに何も加えないようにしているそうです。 アレルギーのある子供のために、小麦粉や卵を含まない製品を開発してください。

2007年、彼はマシュマロ製品のオンライン販売を開始しました。

ソーシャルメディアの口コミで、2019年に魚の形をしたマシュマロがヒットしました。彼は、火を使ってキャンプしたり焙煎したりするマシュマロの人気が高まっていることからアイデアを思いつきました。

やちよど虎の形をした男はつらいよは6つあり、税込1,047円(9.30ドル)で購入できます。

20220107-お菓子-4-l
マシュマロは頭から尾まで13.5cmの魚です。 (八千代堂提供)

堀氏は、季節や伝統的な日本のイベントに合わせて、マシュマロ製品をもっと作りたいと語った。

「世界中のマシュマロを食べてきましたが、日本人が最高だということは間違いありません」と彼は語った。 「世界中の人にこの味を知ってもらいたい」

「マシュマロを作ることは、それが非常に多くの可能性を秘めているので、非常にエキサイティングです」と彼は付け加えました。

八千代堂の商品はこちらから入手できます:(https://www.rakuten.ne.jp/gold/marshmallow-k/)。

READ  アジアの炭素価格は非常に安く、排出削減に役立っています