Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

マツダが日本から直送を開始し、ディーラーへの供給を減らす

マツダUKが2001年に設立されて以来初めて、マツダは日本から英国への直接の自動車輸送を開始しました。

ディーラーごとに10〜14日の配達期間で幅広い株式を提供することにより、ディーラーと顧客に同じメリットを提供すると述べた。

以前はゼーブルッヘ経由でヨーロッパに輸入され、英国の地域センターに配送されるロジスティクスモデルを運用していたマツダUKは、現在、日本からブリストル港に直接輸入される車を対象とした新しい配送プロセスに投資しています。

28日にブリストルのロイヤルポートベリードックで係留Th 3月、NOCCはアトランティックブリストルポートカンパニーエステートにあるマツダの新しい自動車港湾取扱センターに2,355台の自動車を寄付しました。 この最初の輸出は、バルセロナ、アントワープ、ゼブルックとともに、ブリストル港をマツダロジスティクスヨーロッパのヨーロッパで4番目の入港地にします。 今後12か月間、新しいハブは10日に1回、または1,000〜1,200台のマツダ車で出荷されます。

マツダモーターズUKのセールスディレクターであるピーターアリボンは、次のように述べています。メリット。ディーラーと顧客向け。ディーラーは、新しいコアミックス内ではるかに幅広い在庫選択にアクセスできるようになります。これにより、最終的には、顧客の選択と納期をサポートするための最適なロジスティクス旅行が提供されます。

「私たちの新しいUKミックスにより、ディーラーは10〜14日の納期で幅広い在庫を確保できるようになります。これにより、顧客体験が向上し、商品の選択が改善され、商品後の納期が短縮されます。これは最適な時期ではありません。この新しい高品質のロジスティクスセンターは、私たちの車の旅の一部になっています。

ブリストルガーデンの港内に位置するマツダの新しいキャンパスには、8,000台の車両と車両検査および生産センターがあります。

マツダは、マツダの長期戦略の一環として、英国の配送ロジスティクスルートに沿った英国の配送を規制していると述べました。マツダの英国での生産はすべて、マツダの広島、三次、宝府の工場で行われているためです。 英仏海峡トンネルの混乱やフェリーの問題など、ヨーロッパから英国への交通問題。 さらに、フランスで製造された新しいMazda2ハイブリッドは、春の終わりにブリストルに到着し始め、ベルギーのゼーブルッヘから定期的に出荷されます。

READ  東京と大阪のシネマ、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは6月1日に再開 - 締め切り