Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

マツダが日本で新しいロータリー電気特許を申請

先月、マツダは、発電機がロータリーバンケルエンジンとなるレンジエクステンダー車を製造する計画を多かれ少なかれ放棄したことを発表しました。 たまに来年前半にMX-30でこのユニークなパワートレインを発売する計画がありましたが、日本の報告によると、その計画はまだ有効ではありません。

でも今 コーパス マツダは、日本の地元の情報源を引用して、いくつかの特許を申請しており、そのうちの4つはxEV回転式電気パワートレインに関係していると述べています。 証拠は、e-Skyactive R-Energy、e-SkyActive R-H、e-SkyActive R-EV、および新しいロゴデザイン(文字「e」と「R」を含む)がおそらくマツダの最も明確な証拠であることを示唆しています。 航空会社は、電動パワートレインの一部としてそれを使用する計画を放棄していません。

ロゴは、基本的に「e」の文字が付いた定型化されたヴァンケルエンジンローターであるデザインによってこれを明確に示しています。 他の人にとっては、HEVとEVの名前はそれぞれハイブリッド車と電気自動車を指していることはわかっていますが、ソース記事が指摘しているように、R-Energyが何を表しているのかわかりません。

一週間前に日本から出た別の噂は、ロータリーエンジンは実際にはガソリンではなく水素で動くことができることを示唆していました。 ワンケルエンジンは、ガソリンの代わりに水素を燃焼するのにはるかに優れています。特に、水素で動作する従来のピストンエンジンは、燃料をトリガーする可能性のあるホットスポットを誤って作成しないためです。

マツダは実際に水素でロータリーエンジンを運転した歴史があります—メーカーが遅すぎるとは言いませんでしたが、2003年に水素燃焼RX-8クーペにまで到達しました。 将来のマジダスでの回転機械の使用については、相反する報告や噂がたくさんあります。現時点では何を信じるべきかわかりませんが、広島を拠点とする自動車メーカーが完全に電気自動車に移行するため、これは完全に回避できると推測されます。車両。

READ  日本の自動販売機は、チップやソーダ以上のものを提供しています