Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

マニラ首都圏への日本の融資をさらに増やす

マニラ首都圏への日本の融資をさらに増やす

マニラ首都圏プロジェクトは日本国際開発基金から3度目の融資を受け、今回は33キロメートルの都市鉄道プロジェクトのために10億ドルを借り入れた。

フィリピン財務省は国際協力機構(JICA)と合意した資金を管理する。 フィリピンのプロジェクトに対して合意されたJICAの融資総額は現在33億ドルに達しており、さらに2件の借入契約が検討されている。

同省によると、各融資の満期期間は40年で、各取り決めごとに10年以上の猶予期間が含まれる。

バレンズエラからニノイ・アキノ国際空港(NAIA)までの17の駅と車両基地を結ぶこのネットワークは、フィリピン初の地下大量交通システムとなる。

当初の計画より2年遅れの2029年に完成する予定で、完全開業時には1日あたり最大80万人の乗客を輸送できると見込まれている。

トンネル掘削工事は2023年1月に始まった。掘削工事には、全長9.5キロ、内径6.1メートルの地下トンネル6本の建設が含まれる。 このプロジェクトでは、最大 6 台の対地圧トンネルボーリングマシン (TBM) が使用されます。

GlobalData を利用して、市場で最も包括的な企業プロフィールにアクセスします。 検索にかかる時間を節約できます。 競争上の優位性を獲得します。

会社概要 – 無料サンプル

ダウンロードメールが間もなく届きます

当社は、当社の会社概要の独自の品質に自信を持っています。 ただし、お客様のビジネスにとって最も有益な決定を行っていただきたいため、以下のフォームを送信してダウンロードできる無料のサンプルを提供しています。

グローバルデータによる

建設には日本企業が関与しており、シミズ、フジタ、竹中土木、EEIの合弁会社がトンネルと3つの駅の設計・建設契約を締結した。



READ  テクノロジー大手の富士通がハッキングされたと主張、データ侵害を警告