Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

マヨルカ島のレストランで大乱闘が発生し、ウェイター1名と警察官2名が負傷し、グループに「ゴミを海に捨てないよう求められた」として英国人観光客8名が逮捕された。

マヨルカ島のレストランで大乱闘が発生し、ウェイター1名と警察官2名が負傷し、グループに「ゴミを海に捨てないよう求められた」として英国人観光客8名が逮捕された。

  • マヨルカ島のレストランで乱闘、英国人観光客8人が逮捕
  • ウェイターと警察官2人が負傷したという。



マヨルカ島のレストランで大規模な乱闘が発生し、英国人観光客8人が逮捕された。

暴力事件は昨日の午後7時30分頃、マガルフ・パーティー・リゾートがあるカルビア市のバルネアリオ・イレタス・ビーチクラブ・レストランで発生した。

市議会指導者らは、ウェイター1人が頭を殴られて負傷し、警察官2人も負傷したと発表した。

「自治体の安全を脅かす」人々に対しては厳しい態度で臨むと述べた。

市議会の広報担当者は「このような観光客」には他の場所に行くよう促した。

カルビア市議会は昨日の夕方の出来事についてコメントし、「水曜日にバルネリオ・イリタス・レストランで大規模な乱闘が発生し、30歳前後の英国人男性8人が逮捕された」と述べた。

マヨルカ島でレストランでの口論の末、英国人男性8人が逮捕された。

同氏はさらに、「ウェイター1人が頭を殴られて負傷し、警察官2人も負傷し、医師の診断を待っている」と付け加えた。

英国人観光客らは休暇中で、この地域のホテルに滞在していたという。

伝えられるところによると、男たちはゴミやビール缶を海に投げ込み、他の客やビーチで日光浴をしている人の迷惑になったという。

による マヨルカ日報ウェイターが彼らに止めるように頼んだ後、喧嘩が始まった。

さらに、「深酒していたようだったグループの反応は非常に暴力的だった」と付け加えた。

「彼らはスタッフを攻撃し、警察と対峙した。」

同評議会はまた、レストランの客や日光浴客ら7人がすでに暴力的な英国人観光客らを告訴していると述べた。

この乱闘は、マヨルカ島の1万5000人が観光客と観光客が地元にもたらす混乱に抗議するために街頭に出た数日後に起きた。
「マジョルカは売り物ではない」と書かれた横断幕を掲げるデモ参加者

カルビア市副市長エスペランサ・カタラ氏は今朝、「誤解しないでほしい。カルビアに望まない種類の人々には我々は柔軟性を持たず、彼らに何があっても逃がすつもりはない」と語った。

「私たちは、ここに来て私たちの自治体の安全を危険にさらし、私たちのイメージを傷つける者を許しません。」

「どう行動すべきか分からない場合は、注意して別の場所に行くべきです」と彼女は付け加えた。

マヨルカ島での乱闘は、地元住民が行楽客らによる騒乱を鎮めようとする同島で続く反観光抗議活動のさなかに起きた。

土曜日には約15,000人がパルマの街頭に繰り出し、観光への不満を表明した。 「観光客は帰れ」と書かれたプラカードを持った地元住民が目撃され、夕食を楽しむ外国人行楽客に嫌がらせをする人もいた。

さらに続きます。

READ  戦争と経済への懸念がバイデン氏に打撃となる中、2024年の世論調査ではトランプ氏がリード