Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

マレーシアの救急隊、ボランティアが洪水から21,000人を救助

クアラルンプール(ロイター)-民間のボランティアに支えられたマレーシアの緊急サービスは、7つの州で集中豪雨による洪水で避難した21,000人を救助したと当局者とボランティアは述べた。

66,000人以上の警察、軍隊、消防士が動員され、洪水で立ち往生した車両や家の外の浸水した通りから人々を取り戻すのを手伝いました。 続きを読む

国営のベルナマ報道機関は、21,000人が全国で救援センターに避難したと報告した。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

救援活動が続く中、イスマイル・サブリ・ヤコブ首相は以前、マレーシアで最も裕福で人口の多い州で最も被害が大きかったセランゴール州の記者団に、15,000人が100以上の救援センターに避難したと語った。

彼は、過去1日の降雨量は、通常の状態での1か月の総降雨量に相当すると述べました。

洪水に巻き込まれた人々からのツイッターの電話を読んだ後、救助ボランティアのモハメッド・アディブ・ハリス・ファドララは、ソーシャルメディアを介して支援の要請を送りながら、カヤックとライフジャケットを購入するためにキャンプ用品店に駆けつけました。

ボランティアは、2021年12月19日、マレーシアのセランゴール州シャーアラムでの集中豪雨によって引き起こされた鉄砲水で浸水した家から立ち往生した洪水の犠牲者を救出します。ロイター/ロザナラティフ

「一部の(救急隊)もここから物資を購入していることを知りました。彼らにも十分な設備がなかったので、私はショックを受けました」と彼は言いました。

その後、ムハンマド・アディーブは他のボランティアと一緒にシャーアラムのセランゴールの町に向かい、包囲された住民を救助するのを手伝ったが、政府の援助は到着が遅かったと述べた。

60歳のRokidahYusufは、土曜日に洪水が発生して帰宅したときに、2人の子供と2人の孫と一緒にシャーアラムの顧客に食料を届けていました。

「これほどひどい洪水を経験したことはありません。家に帰りたいのですが、どうやってそこに着くのかわかりません」と彼女は語った。

セランゴール州在住のMehmetShehrel Izmir Salamat氏は、Hulu Langat地区は高台に立っていたが、アクセス道路が浸水したため、洪水を免れたと述べた。

同氏はロイター通信に対し、「現時点(物資)はまだ良好で、10台のトラックが到着した。一部の地域では洪水が後退し、犠牲者はすでに自宅に戻っている」と語った。

日曜日、マレーシア気象局は全国的に大雨の警告を発した。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

クアラルンプールのRosanaLatifとLizLee、ジャカルタのAngieTeoによる追加の報告。 マークハインリックによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  世界最年長の人が日本のナーシングホームで119歳の誕生日を祝う| 日本