Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

マレーシアの農家は貴重な日本のメロンを栽培しようとしています

イブラヒムハリス脚本の作品

マレーシア、プトラジャヤ(ロイター)-10年以上のテストの後、3人のマレーシアの農家は、世界で最も高価な果物の1つである日本のメロンをうまく育てるのに適切な栄養素と治療法の組み合わせを見つけたと言います。

マレーシアのモノプレミアムメロンの農家は、スイカを柔らかい布や手袋で定期的にこすり、風味を高めると言われている「たまふき」と呼ばれ、温室内のスピーカーでクラシック音楽が流れ、成長を刺激すると考えられています。

「私たちの農場で目にするすべての日本のメロンは、まるで芸術作品のようです」と、マレーシアの行政首都プトラジャヤにある同社の農場で、Monoのディレクター兼共同創設者であるSeh ChengSiang氏は述べています。

前世紀以来、日本の農家は、その風味と繊細な球形で高く評価されているこれらのメロンの栽培技術を習得し、高級スーパーマーケットで高級品として販売されています。

この品質に合わせるために、農民は、日本の温暖な条件からはほど遠い世界であるマレーシアの高温多湿の熱帯気候と戦わなければなりませんでした。

「給餌、灌漑、肥料が非常に一貫して正確であることを確認する必要があります」とSeh氏は述べ、適切なスイカを見つける前に10種類以上の日本のスイカを栽培しようとしたと付け加えました。

日本からスイカの種を持ってきた後、マレーシアの農家は日本の農場を訪れ、マレーシアでそれを再現するための栽培方法を学びました。

彼らはまた、スイカ植物に与えられる栄養の最適な組成を決定するなどの課題を克服するために試行錯誤を使用しました。

これらのハードルにもかかわらず、主にオンライン販売のおかげで、200個のモノメロンの最初のバッチが販売されました。

スイカは1個168リンギット(40.70ドル)で販売されており、これは日本の品種が通常好む価格の約3分の1です。

最近の温室イベントに参加した顧客のアイリーン・チャウ氏は、「マレーシア人として、実際にマレーシアで日本産のスイカを栽培できることを知っているのは興味深い」と語った。

(Ed Davis著、Karishma Singh編集)

READ  スティーブブルースは、ニューカッスルの選手の「多く」がワクチン接種を受けていないことを認めています| ニューカッスルユナイテッド