Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

マーベルは日本のアニメーションスタジオと『スパイダーマン:フレッシュマンイヤー』で提携しています!

マーベルは日本のアニメーションスタジオと『スパイダーマン:フレッシュマンイヤー』で提携しています!

ウェブ シューターの皆さん、マーベル ファンの皆さん、お待ちください。スパイダーマンがこれまでにないほどアクションに戻ってきているからです。 このウォールクローラーは、Disney+ ストリーミング プラットフォームで初公開される、『スパイダーマン: フレッシュマン イヤー』というタイトルのまったく新しいアニメーション シリーズでその巣を回転させる予定です。

マーベル・スタジオはアニメーションスタジオのポリゴン・ピクチャーズと提携し、Disney+の全く新しいアニメーションシリーズ『スパイダーマン:フレッシュマン・イヤー』を制作する。 (マーベル)

マーベル・スタジオは、エキサイティングな発表の中で、この最後のプロジェクトで日本の人気デジタルアニメーションスタジオであるポリゴン・ピクチュアズと協力することを明らかにした。 「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」や「トランスフォーマー・プライム」などの大ヒット作の制作で最もよく知られるポリゴン・ピクチュアズは、最先端の CG テクノロジーを使用して「スパイダーマン:フレッシュマン イヤー」に命を吹き込む予定です。 あなたのスパイダーの感覚が混乱するような素晴らしいビジュアルとアニメーションシーケンスを楽しみましょう!

ファンは『スパイダーマン: フレッシュマン イヤー』に具体的に何を期待できますか?

この待望のシリーズは、ファンをピーター・パーカーの初期の頃へと連れ戻し、誰もが知っている象徴的なヒーローへの彼の変身をこれまで見たことのない垣間見ることができます。 このキャラクターの初期コミックのルーツにインスピレーションを得たこの番組は、この人気のウェブスリンガーに爽快な新たな解釈をもたらすことを約束します。

『スパイダーマン:フレッシュマン・イヤー』はマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に適合するのでしょうか、それとも独立した作品になるのでしょうか?

マーベルのプロデューサー、ブラッド・ウィンダーバウムによると、ピーターの物語の今回の反復は間違いなく興味深い、異なる道を歩むことになるだろう。 ComicBook.com で共有されているように、フレッシュマン イヤーは『シビル ウォー/キャプテン アメリカ』のリズムを踏襲していますが、未知の世界へ寄り道します。 ピーターはトニー・スタークではなくノーマン・オズボーンに出会い、彼の人生を永遠に変える予期せぬ冒険の連鎖反応が起こる。

『スパイダーマン:フレッシュマン イヤー』は、アクション、感情、スーパーヒーローの魅惑的な網を織り込み、マーベル正典にエキサイティングかつ画期的な追加となる予定です。 真の信者の皆さん、カレンダーに印を付けておいてください。このアニメ シリーズは間もなく Disney+ に配信され、ご近所のスパイダーマンの素晴らしい世界にまったく新しい次元がもたらされます。

READ  東京とイネス・アウアーのユニークなパートナーシップをフィーチャーした新作映画