Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ミャンマーで不安が高まる中、日本企業はビジネスへの影響を懸念

軍事クーデターの6か月後、ミャンマーでは政治的混乱が続いているため、日本企業は、ミャンマーで事業を行っているか、熟練労働者や低賃金労働者のためにミャンマーを搾取しているかにかかわらず、ビジネス戦略への長期的な影響を懸念しています。

国内で事業を展開している400社以上の日本企業の多くは、2月1日のクーデターと平和的な抗議者に対する暴力的な取り締まりを受けて、事業計画の延期や、場合によっては軍との関係の再評価などの措置を講じています。

2021年7月28日、ミャンマーのヤンゴンでの軍事クーデターに対する急速な抗議集会中のデモ参加者(NurPhoto / Getty / Kyodo)

たとえば、キリンホールディングスは2月に、軍の上級メンバーが所有していると国連によって特定されたコングロマリットであるミャンマー経済総合ホールディングスコーポレーションとのパートナーシップを終了すると述べた。 キリンは現在、計画について交渉中です。

スズキは安全上の理由もあり、ヤンゴンの2工場の操業を停止しているが、新工場の立ち上げは9月から遅れる可能性が高い。 トヨタ自動車はまた、ヤンゴン近郊のティラワ経済特区での新車工場の立ち上げを延期した。

ミャンマーの他の日本企業は不安を懸念しており、インスタントラーメンメーカーのエースコックは国内での生産を停止し、安全を懸念して日本人従業員を本国に送還した。

広報担当者は、「見通しは不透明で、操業を再開すべきか、国外に出るべきかはわからない」と述べた。

一方、ミャンマーから熟練労働者を雇用して日本で働く企業も混乱に直面している。

大和製作所が強化されました。 うどんで有名な香川県に本拠を置く製麺設備の大手メーカーである株式会社は、地域での競争力を高め、生産工場を建設することを目的として、東南アジアの労働者を一部雇用している。そこの。

大和社長の藤井薫氏は、日本の求職者に比べて、日本ではエンジニアになりたい若者は少なく、ミャンマーを含む外国人候補者は英語が流暢で学びたいと考えていると説明した。

大和製作所の藤薫社長が2021年7月16日、香川県の事務所でインタビューを行う(共同通信)

彼は状況が急速に改善しているとは思っていません。 コロナウイルスの増加がミャンマーの不安を増大させていることを指摘し、彼は状況がそこで「安定する」のに数年かかると予想したと述べた。

彼の会社で、以前東京で働き、5月に大和に入社したミャンマー出身の24歳のエンジニアであるスー・シュンライ・タダールは、キャリアを伸ばす機会とクーデターがそれをより困難にしたことを懸念して日本に来たと言いました彼女のために。 その市民も同じことをする必要があります。

ミャンマーのエンジニアであるHsuShonlae Thadarは、Yamato Manufacturing Co.、Ltd。で働いています。 日本の香川県で、2021年7月16日(共同通信)

「ミャンマーには日本に来るために一生懸命働いた人がたくさんいますが、彼らは(クーデターのために)日本に来る機会を逃しました」とタダールは言いました。 「日本のコミュニティがミャンマーの状況に関心を持ち続けることを願っています。」

ミャンマー・日本相互協力協会によると、日本企業は、コロナウイルスのパンデミックと政治的混乱にもかかわらず、科学と工学の分野でミャンマーの卒業生を採用することに熱心です。

日本の非営利団体は、1997年以来、技術専門家の交流の促進、同国の学生への日本語レッスンの提供、日本企業への紹介など、ミャンマーの人材育成を支援してきました。

「就職の面接は、ほぼ毎週、学生(日本のNPOクラスに参加)と日本企業にオンラインで行われます」と、協会の大山茂事務局長は述べています。

学生数は前年比約100人減の260人近くになっているが、政情不安の中、日本のような先進国で就職したいという若者の強い意欲があるという。

大山氏によると、日本企業から就職した約40人の学生が入国管理局の許可を待っているという。

日本の低賃金産業のいくつか、特に農村部の過疎地域では、政府が後援するいわゆる技術見習いプログラムの下で、アジアの他の場所からの外国人労働者に依存するようになりました。

世界最大の人口を抱える国の都道府県の中で65歳以上の割合が比較的高い香川県の役人である徐山本氏は、中国からの労働者の減少に伴い、ベトナムとミャンマーからの研修生を増やしました。 サヌキ商工会議所。

このプログラムでは、中国人が依然として見習いの大部分を占めていますが、中国人の賃金水準が日本の地方とほぼ同じになり、日本に来ようとしている中国人労働者が今や探している傾向があるため、彼らにとって魅力的ではなくなっています。山本氏によると、日本での仕事は都市部だ。

山木商工会議所は中国人労働者しか扱っていないが、山本氏は「ミャンマーからの労働者を受け入れる他の組織は、政治的混乱の中で研修生が来るかどうか心配していると聞いた。彼らは一部の企業にとって貴重な労働力である」と語った。

「ミャンマー情勢が無事に解決されることを願っている」と藤井氏は大和から語った。 「ミャンマーの一般の人々の生活はクーデターによって混乱させられました。私は(ミャンマーの)ビジネス部門が早期の和平合意で成長すると思います。」

==共同通信

READ  80年の歴史を持つ日本企業が次世代チップ技術の鍵となるかもしれない