Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ミャンマーに拘束された日本人ジャーナリストが日本に到着

朝日テレビは、ミャンマーで拘束された日本のジャーナリストが、2月の軍事クーデター後のメディアの取り締まり中に虚偽のニュースを広めたとして非難されたと報じています。

先月、自宅から軍隊に拘束された木田住有希容疑者は、午後10時半過ぎに東京郊外の成田空港に到着したと報じられた。

ヤンゴンでメディア会社を経営している木田住容疑者は、クーデター以来2度目の逮捕を受けた。 彼は、虚偽のニュースを広めたとして非難された最初の外国人ジャーナリストでした。

彼は、ミャンマー国営MRTVは以前にキツミ法に違反していたが、ミャンマーの日本との緊密な関係を認めて釈放されると述べた。

日本は、2011年の軍事政権の最後の時代の終わりに続く政治改革の10年間、主要な投資家であり、ミャンマーの半文民政府に対する技術支援と開発支援の源でした。

アウンサンスーチーの選出された政府の転覆に対する国民の怒りの基盤の中で軍が秩序を維持するのに苦労したため、ミャンマーはクーデター以来混乱している。

政治犯協会(AAPP)のバー委員会は、逮捕された約4,900人の中に数人のジャーナリストがいたと述べた。

私たちの基準: トムソンロイター財団の原則。

READ  日本の宇宙センターは火星とそれ以降に定住することを推進している