Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ミャンマーに拘束された日本人ジャーナリスト

(ロイター)-日本政府は月曜日、ミャンマー当局が日曜日の夜にヤンゴンで日本のジャーナリストを拘留したと述べ、彼らは彼の釈放を求めていると付け加えた。

ビルマのBBCは、フリーランスのジャーナリスト、北住有希が日曜日の夜に自宅で逮捕され、軍隊に拘束されたと証人を引用した。 彼女は彼が両手を上げるように頼まれて車に連れて行かれたと付け加えた。

日本政府のスポークスマンは、ジャーナリストを名前を挙げずに40代の男性と表現した。

加藤勝信官房長官は記者会見で、「ミャンマーに迅速な釈放を求めており、日本人の安全を確保しようとしている」と述べ、政府はジャーナリストの拘禁を取り巻く状況の詳細を求めていると付け加えた。

軍事評議会のスポークスマンはコメントを求めて電話を返しませんでした。

北住は、メディア制作会社のヤンゴンメディアプロフェッショナルを経営しており、フェイスブックのページやオンラインメディアへのインタビューによると、日経ビジネスのジャーナリストとして日々働いている。

彼は以前、2月1日のクーデターに対する抗議を報道している間に、2月に逮捕されていたが、その後まもなく釈放された。

政治犯支援協会の活動家グループによると、クーデター以来、737人が治安部隊によって殺害され、3,229人が依然として拘留されている。

(ロイタースタッフレポート、RajuGopalakrishnanとRitsukoAndoが執筆、Simon Cameron Mooreが編集)

READ  イングランドの試合でゴールを祝っているテレビで上司が彼女を見た後、37歳の女性が解雇されました。