Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ミャンマーのゴールキーパーが日本で亡命する:レポート、スポーツニュース

日本は、東京以外での試合中にクーデター防止の敬礼を行い、帰国を拒否したミャンマーのサッカー選手に亡命を許可すると、金曜日に報じられた。

代役のゴールキーパー、ピアイ・リエン・アウンは、5月のワールドカップ予選の日本戦の前に国歌が演奏されたときに、3本指の敬礼をした。

その後、ミャンマーに帰国した場合、彼の命は「危険にさらされる」ため、日本に亡命を求めることにしたと述べた。

地元の監視グループによると、東南アジアの国は2月の軍事クーデター以来混乱状態にあり、900人以上が殺害され、7,000人以上が血なまぐさい取り締まりで逮捕された。

また読む| ファークライ:北朝鮮の国営テレビは閉会式の数日後に東京オリンピックの試合を放送します

3本指の敬礼は、デモ中の抗議者による抵抗の表れとして頻繁に使用されました。

匿名の情報源を引用しているいくつかの主要な日本のメディアは、政府がプレーヤーに難民の地位を与えることを決定したと報告した。

サッカー選手の弁護士は、亡命申請の結果を知らなかったとAFPに語り、彼のクライアントは8月20日に大阪の入国管理局に出頭する予定だったと付け加えた。

日本の公共放送NHKは、日本の入国管理局が来週、プレーヤーの難民の地位を証明する予定であると語った。 代理店にすぐにコメントを求めることはできなかった。

日本は毎年数十人の亡命申請を受け付けています。

しかし、法務省は5月、すでに国内に居住しているミャンマーの住民は緊急措置として滞在を延長できると述べた。

また5月には、軍事フンタがクーデターに反対した世界中の外交スタッフを解任したため、東京のミャンマー大使館の2人の職員が解雇された。

大使館は日本の外務省に、夫婦の外交ビザはもはや有効ではないことを通知したが、ビザを取り消すための措置は講じられていない、と外務省当局者は金曜日にAFPに語った。

READ  東京2020:オリンピックで南スーダンに根付いた日本の都市