Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ミャンマーのゴールキーパーが日本に滞在することを選択

5月末の2022年ワールドカップ予選で3本の指を上げたミャンマー代表チームの代理ゴールキーパー、ピア・ライオン・アンが2021年6月16日(京都)に大阪府関西国際空港に到着。

5月末の2022年ワールドカップ予選で国軍に3本の指を上げたミャンマー代表の代替ゴールキーパーは、水曜日に京都ニュースに、帰国するのではなく日本に滞在することを選択したと語った。

27歳のライオン・アン氏は、木曜日の早朝、大阪府関西空港のサポーターを通じて記者団に語り、自由意志で帰国することを拒否し、難民認定を申請していると語った。

以前のオンラインインタビューで、ピアリアンアウンは軍がミャンマーの拘留と彼が国に戻った場合の「生命は保証されない」と言ったと述べた。 この敬礼は、民主的に選出された政府を追放した2月のクーデターに対する東南アジアの国の抗議者やその他の人々による抗議の場面としてしばしば使用されます。

彼は水曜日の夜、チームメートと一緒に家に帰る予定でした。

ゴーストライオンアウンはインタビューで、2月1日のクーデターから追放されたアウンサンスーチーが率いる政府は、彼女が政権に復帰したときに「国に戻る」と述べた。

法務省は、緊急措置として、日本に長く滞在したいミャンマーの住民が5月に滞在を延長できるようにすることを発表した。 この動きは、日本におけるミャンマー難民の地位を求めています。

5月28日、東京近郊のシバで行われた日本とミャンマーの試合で、ミャンマー国歌が演奏されたとき、Pi LionAngは英語の「WENEEDJUSTICE」で右手の3本の指を上げました。 これらのシーンはソーシャルメディアで話題になりました。

5月末の2022年ワールドカップ予選で3本の指を上げたミャンマー代表のPyeLionAngの代理ゴールキーパーが、6月16日に大阪府の関西国際空港に到着した後、手を組んだ。 、2021年(京都)

「私は日本政府と国際社会に私たちを支援してもらい、私たちが正義と正義の社会を取り戻すことができるようにしたいと思っています」とPi LionAngは付け加えました。

ゲームは当初3月に予定されていましたが、政権交代により延期されました。 買収以来、ミャンマー側にとっては初めての国際試合です。

ミャンマーの死者と逮捕を監視する権利団体である政治犯囚人協会によると、水曜日の時点で、865人が陰謀からミャンマー治安部隊によって殺害され、4,900人以上が拘留されていた。

拘留された人々の中には、スーキーや他の著名な政治家がいます。

READ  体操-日本橋本がすべての「新しい」王冠を獲得