Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ミャンマーのサッカー選手が火曜日に日本で亡命を求めている

ミャンマーのサッカー代表ゴールキーパー、ピ・ライオン・アンは、木曜日に日本の大阪府関西国際空港に避難したいという彼の願望を発表した後、3本の指に敬意を表する。 (京都写真)

ミャンマー代表サッカーチームの副ゴールキーパーは、最近の東京近郊のワールドカップ予選で、自国での軍事クーデターに抗議して3本指の敬礼を払ったことで彼の人生を恐れた後、火曜日に日本で難民の地位を申請する。

先週、チームへの復帰を拒否したピ・リャン・アウン氏は、国連世界難民の日を迎えられなかった大阪地方入国管理局に申請すると述べた。

プロジェクトに先立ち、27歳のサッカー選手は大阪府池田市の仏教寺院を訪れ、母国の平和を祈願しました。

記者団に語ったところによると、「自国の思い出を思い出したとき、涙を流した。 「私は平和がすぐに達成されることを祈りました。」

「抑圧から逃れようとしているミャンマーの人々を、日本人にできる限り助けてもらいたい」と語った。

5月末のシバでの日本とミャンマーの試合中、ミャンマー国歌が演奏されたとき、彼は英語で書かれた「WENEEDJUSTICE」で右手の3本の指を上げた。

彼は水曜日の夜、西部の関西空港の入国管理局に、日本に滞在したいと言った。

上川陽子法務相は金曜日、特定の事件についてコメントすることを差し控えながら、日本は「状況の変化に照らして(自国の)ミャンマーの人々を適切に扱う」と述べた。

土曜日に76歳の民間指導者アウンサンスーチーを追放した2月のミャンマーでの軍事クーデターの後、彼と他の著名な政治家は数百人の民間治安部隊によって拘束され殺害された。

金曜日の国連総会は、ミャンマーへの武器の流れを止め、11月の選挙の結果とアウンサンスーチー大統領を含む政治犯の釈放を尊重するよう軍に求めた。 (ロイタービデオ)

READ  遅いGovt-19ワクチンロールは、一部の日本の八重奏者を若すぎると感じさせます