Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ミャンマーの日本企業の従業員は経済制裁を好む

新しい調査によると、ミャンマーの日本企業の従業員のほとんどは、3か月前に国を強制的に押収した軍主導の政府に対して日本が何らかの形の経済制裁を課すことを望んでいます。

ミャンマーで事業を営む日本人が行ったオンライン調査の結果、145人の回答者の95.2%がそのような制裁を支持し、89.7%が日本の政府開発援助(ODA)の停止に同意した。

回答者の97.9%は、民主主義への10年のゆっくりとした進展の後、軍事政権の再開に不満を表明するために仕事を辞めたさまざまなセクターのストライキ労働者のいわゆる「市民的不服従運動」を支持した。

日本政府は経済制裁に慎重でした。 2月1日のクーデター以降、新しいODAは実施されていませんが、それ以前に開始された援助プロジェクトはまだ進行中です。

回答者のほとんどは40歳未満であり、80%近くが女性でした。

ODAを停止したい理由には、「日本の支援が意図した受益者に届かないと思う」、「軍が運営する企業に資金が流れる」などがあった。

日本政府への期待について尋ねられたとき、ほとんどの回答者は、権力から追放された国民民主連盟のメンバーで構成されたグループであるビダウンス・フルタオを代表する委員会との正式な対話を開始しようとした。

同様の調査が、ミャンマーの日本企業に関連する日本企業に対して実施されました。

これら135人の回答者のうち、86.7%が東京が経済制裁を課すべきであることに同意し、57.8%が軍事フンタとの対話を継続すべきであると信じていました。

誤った情報と多くの情報の両方の時に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  日本の味を提供する中国の商業と住宅の複合体