Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ミャンマーは、日本のジャーナリストを偽のニュースで非難している

北住さんはミャンマーでフリージャーナリストとして働いていました

ミャンマーの日本大使館は、ミャンマーで逮捕された日本のジャーナリストが虚偽のニュースを広めたとして非難されたと述べた。

北住有希はクーデター以来初めて起訴された外国人ジャーナリストです。

彼は4月に逮捕され、それ以来刑務所に入れられています。

ミャンマー軍が2月にクーデターを起こして以来、700人以上が殺害され、多くの地元ジャーナリストを含む数千人が逮捕されました。

フリーランスのジャーナリストとして働いていた北住は、ミャンマー国内(ビルマとも呼ばれる)からの珍しい外国特派員として登場し、いくつかの主要な日本の報道機関のために書いていました。

45歳の少年は、警察が国の主要都市であるヤンゴン(ラングーン)の自宅を襲撃した4月18日に逮捕されました。 彼は2月26日に一時的に拘留された。

ミャンマーの日本大使館は、彼は健康上の問題を示していないと述べたが、軍に彼を釈放するよう促していると付け加えた。

日本のメディアによると、有罪判決を受けた場合、彼は最大3年の懲役に直面する。

北住氏は、クーデター、その後の抗議、日本の新聞や放送局の殺害を取り上げるほか、ソーシャルメディアのアカウントで状況と市民への影響について繰り返し投稿しています。

弾圧の残忍さにもかかわらず、抗議は続いた

軍が選挙で選ばれた政府を転覆させ、1年間の非常事態を宣言して以来、ミャンマー全土で大規模な抗議行動が勃発しました。

デモの数ヶ月にわたって、当局は抗議者を取り締まり、報道の自由も取り締まった。

これまでに約80人の地元ジャーナリストが取材で逮捕されたことが知られています。 AAPP監視グループによると、そのうちの50人は拘留されたままであり、半分は裁判にかけられた。

数人の外国人ジャーナリストも逮捕されました。

軍隊は、昨年末の総選挙で、選出された指導者アウンサンスーチーと彼女の国民民主連盟党を政権に復帰させた広範な詐欺を主張することにより、権力の掌握を正当化した。

代わりに、非常事態が終了すると、軍は「自由で公正な」選挙を行うことを約束した。

READ  2030年までのアジア太平洋地域のニッチな映画製作