Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

メガアルテミスムーンロケットは6月6日に発射台で打ち上げられます

The NASA チームは、スペースローンチシステムとオリオン宇宙船を含むアルテミス1号ロケットの322フィート(98 m)のスタックを転がして、6月6日にフロリダのケネディ宇宙センターの発射台に戻る準備をしています。 ロールアウトは約12時間続くと予想されます。

アルテミスロケットは6月19日までに次のリハーサルを試みます。 6月はフロリダで多くの雷雨をもたらす可能性があるため、NASAチームは天気を注意深く監視し、必要に応じて日付を調整します。

ウェットウェアトレーニングとして知られる重要なテストは、ミサイルが発射台を離れることなく発射の各段階をシミュレートします。 このプロセスには、超冷却推進剤の装填、発射をシミュレートする完全なカウントダウンの実行、カウントダウンクロックのリセット、およびミサイルタンクの排出が含まれます。

4月に3回のリハーサルを試みた後、ミサイルグループは4月26日にスペースシャトル組立棟に戻され、テストの試み中に発生した問題に対処しました。

それ以来、エンジニアは上段の逆止弁を交換してテストし、給油中に使用されたアンビリカルテールサービスマスト内の小さな漏れを修正したと、NASAの地球探査システムプログラムの車両運用担当シニアディレクターであるクリフランハムは述べています。

一方、発射台にガス状窒素を供給するエア・リキードは、アルテミス1号のテストと発射をサポートするために、パイプライン構成をアップグレードしてテストしました。

Artemisチームは、次の濡れた服のリハーサル後に最初に行われることを意図していた予備的なタスクのいくつかもチェックしました。

ミッションチームは現在、夏の終わりにアルテミスIを月への旅に送るための打ち上げウィンドウを検討しています:7月26日から8月9日まで、8月23日から8月29日まで、9月2日から9月6日まで 以降

アルテミスロケットグループがリハーサルを完了すると、建物に戻って打ち上げ日を待ちます。

ロケットが打ち上げられる前に新しいシステムをテストするという困難なプロセスの背後には長い歴史があり、Artemisチームが直面するのは、ApolloおよびShuttle Castleチームが直面するものと似ています。これには、複数のテストの試行と打ち上げ前の遅延が含まれます。

濡れた服での訓練の結果は、アルテミス1号が月を越えて地球に戻るミッションにいつ着手するかを決定します。 このミッションは、NASAのアルテミス計画を開始します。このプログラムは、人間を月に戻し、2025年までに最初の女性と最初の有色人種を月に着陸させることが期待されています。

READ  最新のコロナウイルス:動物実験で有望な2番目のGSK / CureVacワクチン