Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

メタバースは、日本の仕事の現場ですべてが起こる場所です

メタバースは、日本の仕事の現場ですべてが起こる場所です

日本の大学生が暗いタキシードで就職説明会に参加する時代は終わりを迎えようとしているのかもしれません。

スマートフォンさえあれば、全国どこからでもオンラインで求人情報をチェックしたり、面接に参加したりできるメタバースへようこそ。

1 月 27 日にメタバースで開催された採用活動には約 2,000 人の学生が参加し、デジタルスキルを披露しました。

ブースは、いくつかの有名なエンティティを含む 179 の企業によってメタバースに作成されました。

この画面は、メタバースで開催された就職説明会で大学生と会社関係者のアバターが集まっている様子を示しています。 (石山英明)

アバターは、採用を担当する学生と企業の代表者の両方に対して作成されます。

しかし、メタバースでの匿名性が保証されているため、学生は非常に敏感な性質のものであったとしても、職場で会社の役人が仕事の要件を説明するのを聞くことができ、質問をすることもできました.

興味のある企業からデータをダウンロードした学生のみ、名前と連絡先を登録する必要があります。

このイベントは、東京を拠点とする 2 つの企業、株式会社ネオキャリアによって主催されています。 人材派遣サービスを提供する株式会社エックスコーポレーションと、 、メタバース操作を処理します。

両社の関係者によると、このイベントはおそらく日本で開催されたこの種のイベントの中で最大のものでした。

ネオキャリアの西野大樹氏は、「メタバースは、遠方の学生が参加できるオンライン会議の利点と、対面の就職説明会で発生する会議や会話の自発性を維持することを可能にします」と述べています。

READ  日本の建国記念日に際し、カタールと日本の強い関係を強調