Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

メディア:日本は海南国際消費者見本市に積極的に参加-ビジネスと経済

海口/中国/ 1月9日/ TASS。 地域的包括的経済連携(RCEP)は、海南島で開催される中国国際消費者製品フェアへのアジア太平洋諸国の参加を促進します。 海南国際通信ネットワークによると、この多国間協定の発効後、日本企業は展示会での存在感を強化するでしょう。

4月12日から16日まで海南(海南の行政の中心地)で開催されるビッグイベントの主催者によると、今年の展示スペースは25%増加し、10万平方メートルに達する。 日本企業のブースは2.1千平方メートルを占めることになります。 彼らは昨年よりも幅広い製品を提供することを約束します。

今回の展示会では、日本の中小企業がより積極的な役割を果たすことが期待されています。 公式データによると、2021年に海南で2.9千の製品と87のブランドを展示しました。

第1回中国国際消費者製品見本市が5月7日から10日まで海口の海南国際エキシビションセンターで開催され、70の国と地域、2.6千を超えるブランド、1.5千を超える企業の代表者が参加しました。 イベントには約24万人の来場者がありました。

2020年11月、中国と他の14か国の代表は、ASEANサミット中にRCEPを設立することに合意した。 1月1日、中国を含む協定の10加盟国は、発効を発表した。 貿易障壁の段階的な削減は、地域統合を強化し、世界経済の回復を加速することが期待されています。

READ  中国を視野に入れ、日米がASEANで初の戦略交渉を行う