Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

メドベージェフはローラン・ギャロスで粘土の悪魔を打ち負かし、ウィリアムズは恐怖から逃れる

水曜日 (GMT) に行われた、今年 2 番目のメジャー トーナメントであるフレンチ オープンの 4 日目のハイライト:

世界ナンバー 2 のダニール メドベージェフは、クレーでの過去の苦難を乗り越えてローラン ギャロスでの 3 回戦に進出し、23 回のグランドスラム優勝者であるセリーナ ウィリアムズは、アスリートとアスリートの複雑な関係に関する論争として第 2 セットを恐れた後、前進しました。 メディアは大会の別の日に流出した.

選手たちのメディアの使命は、競技者が大坂なおみを支持すると表明したが、公には彼女の報道ボイコットを支持しなかったので、再び精査の対象となった. レポーターは、スーパーマーケットからドイツ人アレクサンダー・ズベレフとの記者会見にチェックインしたと言って、記者証を一時的に失いました。

この最後の挑戦の前にローラン・ギャロスで0-4の記録を持っていたメドベージェフは、記録24位を求めているウィリアムズのように、アメリカのライリー・オペルカとの4ラウンドの対決に比較的容易に登るために彼の入札を維持しました.ルーマニアのミハエラ・ブザルネスク。

日本の錦織圭はロシアのカレン・ハチャノフに4時間5セットでタフな勝利を収め、ギリシャの第5シードのステファノス・チチパスはスペインのペドロ・マルティネスをストレートで破った。

女子戦では、グランドスラムを2度制したビクトリア・アザレンカ(31)がストレートセットでデンマークの10代クララ・タウソンを破った豊富な経験を示し、第3シードのアリナ・サバレンカは一連の非強制エラーにもかかわらず、ベラルーシのアレクサンドラ・サスノビッチを破った. .

2128年 ダニール・メドベージェフが回復してポールを倒す

世界ナンバー 2 のダニール メドベージェフは、スロースタートを破り、シードなしのアメリカのトミー ボールに 3-6 6-1 6-4 6-3 で勝利し、前半で敗退した後、ローラン ギャロスでの最高のパフォーマンスを見せて 3 回戦に進みました。 過去4年間の主役。

1813年 セリーナ・ウィリアムズがポザルネスコを破った

第7シードのセリーナ・ウィリアムズは試合をスキップしたが、ルーマニアのミハエラ・ブザネスクを6-3 5-7 6-1で下し、3回戦に進出した。

1640 TSITSIPAS ADVANCES

ギリシャの第5シードのステファノス・チチパスがスペインのペドロ・マルティネスを6-3 6-4 6-3で下し、3回戦に進んだ。

Tsitsipas は 8 つのエースと 45 のウィナーを放ち、18 のブレーク ポイントから 8 を獲得しました。

1630年 錦織がハチャノフに5セットで勝利

日本の錦織圭はコート・フィリップ・シャトリエで4時間戦い、ついにロシアの第23シードのカレン・ハチャノフを4-6、6-2、2-6、6-4、6-4で破った。 日本は3回戦でスイスのアンリ・ラクソネンと対戦する。

錦織はローラン ギャロスで 8 時間かかった 2 回目の 5 セット ゲームの後、「私は 5 セットをプレイするのが嫌いです。わざとやっていません」と語った。

続きを読む:

木曜日の全仏オープンの順位 続きを読む

報道陣:大阪の撤退はメディアの義務を強調 続きを読む

チチパスがマルティネスを破って3回戦進出

錦織、5セット2勝で3回戦進出

金星とジェフは、全仏オープンのダブルスの最初のラウンドで頭を下げます

アザレンカが10代のタウソンと対戦し、全仏オープン3回戦進出

ズベレフはストレートセットで3位を記録した。 続きを読む

ジュディ・マレーは大阪を支持し、メディアの要求が「強すぎる」と指摘 続きを読む

全仏オープン記者の資格がスーパーに質問したことで取り消された

セレナは全仏オープンの 4 日目にタイトルの探求を再開します。

大坂が全仏オープンから撤退

ゴルファーのウィー・ウェストが大阪を「信じられないほど勇敢」だと称賛 続きを読む

大阪はメンタルヘルスを優先することで賞賛されるべきです – スティーブンスをもっと読む

ジョコビッチは大阪に同情するが、メディアは重要だと語る

癌を打ち負かした後、スアレス・ナバロはカムバックを勝ち取るには至らなかった

ナダル、ジョコビッチが前進、ローラン・ギャロスが大阪抜きで続行

水曜日の全仏オープンの順番

1535 アザレンカ ダウンズ タウソン ストレート セット

そして15位のビクトリア・アザレンカは、デンマークのクララ・タウソンとストレートで対戦。 ベラルーシ人は、13 回のデッドロック チャンスのうち 5 回をコンバートして、3 回戦で彼女の場所を確保しました。

1450 FOGNINI FLATTENS FUCSOVICS、ではなく

第27シードのイタリア人ファビオ・フォニーニは、第1セットでタイブレークを決めた後、ハンガリーのマートン・ボクソビッチを7-6 (8) 6-1 6-2で破った。

アメリカ人のジョン・イズナーもストレートセットで第3ラウンドに到達し、セルビアのフィリップ・クライノビッチに7-6 (6) 6-1 7-6 (5) で勝利し、23本のエースを放った。

1425 ガウフ / ヴィーナス カップルのカップル ベンズ

若さと経験の組み合わせは女子ダブルスにプレッシャーをかけず、若いココ・ガウフと彼女のパートナーである40歳のビーナス・ウィリアムズがエレイン・ペレスに6-7 (5) 6-4 6-4で敗れたとゼン・サイサイ。 最初のラウンドで。

1315年 シド・バウティスタがラクソネンに敗れる

第11シードのスペイン人ロベルト・バウティスタ アグートは、シードなしのアンリ・ラクソネンに6-3 2-6 6-3 6-2で敗れた。 スイス人は好調で、ネットで 10 ポイントを獲得し、バウティスタ アグートの 17 ポイントに対して 53 ポイントを獲得しました。

1245年 アンドゥガーが5セットで敗北

アルゼンチンのフェデリコ・デルボニスは、スペインのパブロ・アンドゥハルを3時間23分で4-6、6-1、3-6、6-3、6-2で下し、コート13で14本のエースを含む54本の勝者を出した。

アンドゥハルは、第4シードのドミニク・ティエムを1回戦で気絶させ、2セットの遅れから立ち直り、オーストリアを4-6、5-7、6-3、6-4、6-4で破ったが、2回戦で力を使い果たしたローランギャロスでのファイブレッグマッチ。 .

1235 ロードス パワーズ、大聖堂を過ぎて

デンマークの第15シードのキャスパー・ラッドは、39人の勝者を送り出し、コート7でポーランドのカミル・マシュルチャクを6-3、6-2、6-4で破る途中、ファーストサーブポイントの81%を獲得した。

1135 ズベレフ ビート サフィウリン ストレート セット

ドイツの第6シードのアレクサンダー・ズベレフが2回のタイブレークを交渉し、ロシアのローマ・スヴィウリンを7-6 (4) 6-3 7-6 (1) で下した。 ズベレフは、15 回のエースを含む 41 人のウィナーにサービスを提供し、ファーストサーブ ポイントの 80% を獲得しました。

1110 ボンドロソワに飼いならされたタン

第20シードのマルタ・ヴォンドロソワは、ハーモニー・タンの国内ワイルドカード・シリーズを6-1、6-3の圧勝で終えた。 チェコ人はサーブを落とさずにタンを越え、ファーストサーブポイントの80%を獲得した。

1100 SWIATEK 二重口座を開設

シングルスのタイトル保持者であるイガ・スウィアテクとパートナーのベサニー・マテック・サンズは、フランスのデュオ、オバニ・ドロガーとセレナ・ジャニセビッチを6-0、6-1で下し、ダブルスの第1ラウンドの試合でパンをノックアウトした。

1025 ベンチッチとブレングルがストレート セットでクラッシュ

スイスのベリンダ・ベンチッチは、ロシアのダリア・カサトキナに 6-2 6-2 で敗れ、8 回のエースと 27 勝で第 10 シードを超え、2018 年以来初めて第 3 ラウンドに進出しました。

アメリカのマディソン・プリングルは、スロベニアのタマラ・ジダンセクに6-4 6-1で敗れた。タマラ・ジダンセクは6点中5点を取り、65分間の競争を破った。

0910 道路の下で遊ぶ

気温が 23 度前後のローラン ギャロスの晴天の中、プレーが始まりました。

私たちの基準: トムソン・ロイターのトラスト原則。

READ  日本が緊急事態宣言を延長