Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

メリーランド州の夫婦、巡礼の暑さで死亡するまで「何時間も歩いた」

メリーランド州の夫婦、巡礼の暑さで死亡するまで「何時間も歩いた」

動画解説、 ハッジの暑さで亡くなる前に母からもらった最後の悲痛なメッセージ

  • 著者、 カトリオナ・ペリー、アンナ・ファジョイ、ベルント・デブスマン・ジュニア
  • 役割、 BBCニュース、ワシントン

サウジアラビアでハッジ巡礼中に死亡したアメリカ人夫婦は、熱中症になる前に極度の気温の中を2時間以上歩いていたと娘がBBCに語った。

メリーランド州ボウイ在住のアルハジ・アリウ・ダウシ・ウォリさん(71歳)とハッジャ・イサトウ・ウォリさん(65歳)は、毎年恒例のサウジアラビア巡礼巡礼中に死亡した推定1,300人の中にいた。

今年の集会中の気温は一時的に 122 °F (50 度) を超えました。

サエダ・ウォリさんはBBCに対し、両親のツアーグループが食料や十分な水など、約束していた物品の多くを提供しなかったと語った。

シエラレオネ生まれのこの夫婦は、サウジアラビア到着から2週間後の6月16日日曜日に行方不明となった。

数日後、若いウーリさんは彼らの死を知らされた。

悲しみに暮れる娘はBBCに対し、両親にとってメッカ巡礼は「非常に重要」であり、メッカ巡礼の費用として両親はそれぞれ1万1500ドル(9000ポンド)を支払ったと語った。

「それは彼らが生涯やりたかったことなのです」と彼女は付け加えた。 「彼らはとても興奮していました。」

夫婦はメリーランド州で活動するアメリカの旅行会社を通じて、他の100人近い巡礼者のグループとともに中東へ旅行した。

ウリさんによると、「約束したことの多くは守られなかった」という。

「パッケージには毎日食事が入っているはずだったにもかかわらず、彼らは自分たちで食べ物を探すのに数日を費やしました。」

極度の暑さで最低限の物資しかないため、夫妻は「一日ずつ摂取し」、水分補給を心がけているとウーリさんに語った。

BBCは同社にコメントを求めた。

写真にコメントして、 ウォーリー夫妻は娘に最後のメッセージを送った

ウーリさんは、何度か不在着信があった後、最後のテキストメッセージのやりとりで、両親から「2時間以上歩いていた」と言われたと語った。

その直後、領事館職員と同じツアーグループのメンバーが夫妻の死亡を確認した。

ウリさんは領事館職員の協力を得て、両親が埋葬された墓地を特定することができたが、埋葬区域内の位置はまだ特定できなかった。

「彼らは私物を持っていません」と彼女は付け加えた。 「それは多くの疑問であり、私たちはいくつかの答えを見つけなければなりません。」

ウーリさんは、両親が埋葬されている場所を探すためにサウジアラビアに行く予定だと語った。

また、彼女はBBCに対し、旅行会社が​​旅行のための適切なビザと登録を提供すると述べたが、それを怠ったと語った。

サウジ国営通信社によると、メッカへの巡礼者のほとんどは正式な許可を持っていなかった。 ただし、公式ハッジ許可を取得するプロセスは費用がかかるか、複雑になる場合があります。

ハッジとは、イスラム教徒が聖地メッカに毎年行う巡礼です。 経済的にも体力的にもこの旅を完遂できる人は、人生で少なくとも一度はそうすることが期待されています。

サウジアラビアは、今年のハッジには約180万人が参加したと発表した。

同国のファハド・アル・ジャラジェル保健大臣は、当局が最近、熱ストレスに対する意識を高める取り組みを始めたと述べた。

サウジアラビアは最近、特に未登録の巡礼者にとってハッジの安全性を高めていないとして批判にさらされている。

適切な許可を持たない人々は、公式旅行者に空調設備やその他のリソースを提供する場所にアクセスするのに苦労しています。

画像ソース、 ゲッティイメージズ

写真にコメントして、 ハッジとは、イスラム教徒が聖地メッカに毎年行う巡礼です。
READ  フランス全土で混乱を引き起こしている嵐で殺された女性| フランス