Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

モダンナの汚染ワクチンが日本にのみ出荷:スペインのメーカー

アメリカのバイオテクノロジー企業のスペインのメーカーは木曜日に、Modena Inc.のCovit-19ワクチンレベルが汚染されており、日本にのみ出荷されていることが判明したと語った。

2021年5月24日に日本の戦隊北東部で撮影された写真は、Modernna Inc.(京都)によって開発されたGovit-19ワクチンが充填された注射器を示しています。

スペインの製薬会社RoviSAは声明のなかで、「この粒子状物質の発見は、日本で独占的に流通している製品エリアのいくつかのバイアルを指している」と述べ、保健当局を調査し、協力している。

予防措置として、日本は木曜日に、いくつかの未使用のバイアル内の汚染物質を検出するために、163万回分の最新ワクチンの使用を停止しました。

日本でのワクチンの販売と流通を担当するModernaと日本の製薬会社DaketaPharmaceutical Co.は、安全性の問題についての報告を受けていないと述べた。

「この生産事故の原因は、Roviの生産ラインの1つである可能性があります」と同社は述べています。 「念のため、この場所と近くの2か所は駐車しています。」

マドリッド郊外のModernaとの契約に基づき、米国外に出荷されるワクチン製造の最終プロセスを処理し、スイスの会社が製造した原材料をボトルに充填します。


関連する報道:

日本は163万件の申請を中止します。 現代のワクチンレベルの汚染



READ  危険な地滑りが都市を襲った後、日本の指導者は救出されています