Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

モディは、インドの開発の旅への日本の貢献を祝うために「ジャパンウィーク」を提案します

ナレンドラ・モディ首相は月曜日、インドへのより大きな投資を追求するために、「ジャパンウィーク」という形で国の開発の旅への日本の貢献を祝うことを提案した。

モディは、34の日本企業のCEOとCEOを含む日本のビジネスリーダーとの円卓会議の議長を務めました。 これらの企業の大多数は、インドで投資と事業を行っています。 公式声明によると、両社は自動車、電子機器、半導体、鉄鋼、テクノロジー、商業、銀行、金融など、さまざまなセクターを代表しているとのことです。 首相は、インドと日本が自然なパートナーであることを強調し、日印関係の大きな可能性のブランド大使として経済界を称賛しました。 首相は、2022年3月の岸田首相のインド訪問中に、両国は今後5年間で5兆円を投資するという野心的な目標を設定したと述べた。 彼は、とりわけ日印産業競争力パートナーシップ(IJICP)やクリーンエネルギーパートナーシップなどの経済関係の最近の進展を強調した。 彼は、National Infrastructure Pipeline(NIP)、Production Linked Incentive Scheme(PLI)、半導体政策などのイニシアチブについて話し、インドの強力なスタートアップエコシステムを強調しました。

首相は、世界的なFDIの減速にもかかわらず、インドは前会計年度に840億米ドルの記録的なFDIを引き付けたと述べた。 彼はこれをインドの経済的可能性に対する信頼の投票として説明した。 「彼はインドへの日本企業のより大きな関与を呼びかけ、「ジャパンウィーク」の形でインドの開発の旅への日本の貢献を祝うことを提案した」と声明は読んだ。

会議には、本田技研工業、トヨタ自動車、鈴木自動車、住友化学、川崎重工業、富士通、新日鐵、三菱商事などの経営幹部が出席した。

経団連、ジェトロ、JICA、JBIC、JIBCC、インベスト・インディアなど、インドと日本の主要な企業や組織もこのイベントに参加しました。

モディ首相は、岸田文雄氏の招待を受けて、カルテット首脳会議に出席するために2日間日本を訪れます。

(このストーリーはDevdiscourseスタッフによって編集されておらず、共有フィードから自動的に生成されます。)

READ  エンボイファーマエンボイファーマジャパンのインドへの投資額は5兆円を超える