Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

モディ首相がバラナシで日印友好の象徴であるルドラクシャを発表最新ニュースインド

ナレンドラ・モディ首相は木曜日に日本の財政援助で建設されたバラナシ国際協力コンベンションセンターを開設し、その敷地内にルドラック工場を植える予定であるとバラナシ市の高官は語った。 VICCは、古代都市とシヴァ神とのつながりを認めて、ルドラクと名付けられました。

開所当日、センターは日本とインドの文化を念頭に置いて装飾されました。 装飾用のランプやさまざまな種類の花に加えて、竹、小石、小さな盆栽、マット、ランプ、磁器の鉢、ライスペーパー、わらが装飾に使用されます。 マリーゴールドの花もたくさん使われています。

2015年12月のバラナシ訪問中、当時の安倍晋三首相はVICCプロジェクトを市に提示しました。 国際協力機構(JICA)が資金提供 186億ルピー、プロジェクトの費用。 また、日本企業のフジタがカンファレンスセンターの建設契約を獲得しました。

日本大使の鈴木聡、妻のシカゴ鈴木、コンサルタントのキオス・カスヒロ、秘書の小田あかり、そしてジカが率いる3人の代表団、その最高代表の松本勝夫が出席する。

108 Rudrakはコンベンションセンターに設置され、その屋根はシヴァリンガの形で設計されており、当局は建物全体が夜間にLEDライトで照らされると述べています。

2階建てのコンベンションセンターは、豪華なシクラ地区の2.87ヘクタールの土地にあり、1,200人を収容できます。

Rudrak Centerは、街の観光の可能性をさらに高め、国際会議、展示会、コンサートなどのイベントを開催するのに理想的であり、バラナシの芸術、文化、音楽を描いた壁画が飾られています。

VICCCCは、国際協力機構の支援を受けて建設された環境にやさしい建物で、統合生息地評価(KRIHA)のレベル3グリーン評価を取得するのに適しています。

バラナシスマートシティプロジェクトのCEOであるクランラティ氏は、このセンターには最先端のビル管理システムが装備されており、ギャラリー、会議室、120台の四輪車用の駐車場が自慢です。 そのメインホールは、必要に応じて、より小さな部屋やスペースに分割することができます、と彼は言いました。

バナラスヒンドゥ大学(BHU)社会科学部長のKausal Kishore Mishra氏は、「VICCはバラナシにおける日印友好の象徴である」と述べた。

2017年9月、アーメダバードで開催された日印年次首脳会談で、ナレンドラ・モディ首相はバラナシコンベンションセンターの名前をルドラックに変更し、センターの設計が開始されました。

「私はそれをルドラクと名付けました。愛の象徴であり、シヴァ神を人類に捧げたものです。 このルドラクは、バラナシでの日本の愛の夜になります。 これは、サルナートに存在する私たちの共有遺産への賛辞です」とモディは当時述べました。

その後、2018年に着工し、2021年4月に完成し、5月31日にバラナシスマートシティリミテッドに引き渡されました。

バラナシへの訪問中に、モディはいくつかの開発プロジェクトの礎石を築きます 首相のスケジュールを知っていた当局者によると、1500億ルピー。

READ  ソフトバンクのCEOは、ワクチンをキャッチするための日本のレースでオリンピックを非難します