Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ヤマト・ザ・ドラマーズ・オブ・ジャパンがピーコック・シアターでセンセーションを巻き起こす

ヤマト・ザ・ドラマーズ・オブ・ジャパンがピーコック・シアターでセンセーションを巻き起こす

2024年6月7日金曜日、午後4時

多くのツアー太鼓グループの中で、ヤマトは英国のステージで最も頻繁に出演し、成功を収めています。 グレース・タイムズ紙によると、彼らは6月22日までピーコック劇場で公演し、パンデミック以来初めてロンドンに戻る。

太鼓の伝統的な用途は、宗教、神社、練習、嵐の警告から戦場のメッセージまで多岐にわたります。 考古学者は日本で2000年前の太鼓を発見しましたが、太鼓のアンサンブル演奏、つまり組太鼓の歴史は驚くほど近代的です。

組太鼓は 1951 年に誕生し、ジャズドラマーの小口大八によって、スネアドラムのような薄くて平らな平太鼓に、さまざまなサイズやピッチドラムの彫刻が施された大きな大太鼓を組み合わせて、現代のドラムセットを再現しました。 重さ 500kg の 1 本の木の幹に、別世界のような根元が生えています。 組太鼓グループは日本国内外で繁栄しており、しばしば外国人コミュニティに日本文化のアイデンティティを確認するのに役立っています。 1975 年のボストン マラソンを完走した後、日本の佐藤島出身の Ja Ontegosa というグループがステージで太鼓を叩いたとき、太鼓のグループによる太鼓演奏が西洋で主流となり、集団生活や禁欲的な身体訓練と密接に結びつくようになりました。

ヤマトジャパンのドラマー
ヤマトジャパンのドラマー

ゲストスターは間違いなく、幅2メートルの歌妓です。 樹齢400年の木から彫られたと言われており、それを支えるには4人がかりで、素晴らしいドラマーが野球のようなものでそれを叩き、上半身裸で着物か上着を見せて立ち、そして数秒で汗びっしょりになります。 ここで聴覚という言葉は間違っています。その後に続く音は肋骨で感じる音です。

『Wings of the Phoenix』では、5 人の若い男性と 5 人の若い女性(そのうち 2 人は 19 歳)が、シンクロナイズドなドラム演奏、ソロドラム演奏、ドラムデュエル、コーラスを 10 ~ 15 分間演奏します。 実際、たくさんあります。 人間の叫び声は、リズミカルな脈動に紛れてかろうじて聞こえる程度で、緊張を解き放ち、グループ全体にエネルギーを伝達します。 武器は上げたり下げたりするので、2 人のプレイヤーが同時に 4 つを攻撃します。

ご家族全員でお楽しみいただけるショーです。 ヤマトのこれまでのショーと比較すると、この作品は日本の比喩にあまり依存しておらず、ありがたいことに相撲のひもは登場せず、より現代的でカジュアルで、明らかにミステリアスではないように感じられます。 着物、破れたジーンズ、スペードを身に着けた観客の参加。どちらかというと、リラックスしたセットの中にはロックやカリブ海のスティールドラムバンドの音が遠くに響き、動きに関して言えば客家からかなりの量を借りているようだ。 ジャズの中で生まれた太鼓アンサンブルの演奏スタイルに関しては、そこに神聖さは見当たりません。 素晴らしい、エネルギーの高い夜でした。

日本のヤマト・ザ・ドラマーズがピーコック・シアターで6月22日まで公演

READ  調査によると、日本の放送局の70%には女性幹部がいない。