Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ヤマハ XSR900 GP は 1980 年代の GP レースを再現します。

ヤマハ XSR900 GP は 1980 年代の GP レースを再現します。

ヤマハ XSR900 GP は、1980 年代の GP レースを思い起こさせる、ノスタルジックなバイクへのヤマハの試みです。

当然のことながら、当時人気のあったレーシングペイントはマルボロでした。 エマーソン・フィッティパルディ、ジェームス・ハント、ニキ・ラウダ、アラン・プロスト、アイルトン・セナなどのドライバーを擁するマクラーレンはおそらくマルボロのカラーリングで最も有名な例だが、ヤマハも同様に赤と白のカラーリングを身に着けて成功を収めた。 最も有名かつ明白なのは、ウェイン・レニー選手の場合で、彼はマルボロ塗装のヤマハYZR500に乗り、1990年、1991年、1992年に500cc世界選手権のタイトルを獲得したが、1993年にミサノでクラッシュして半身不随になった。 レニーの他に、エディ・ローソンもマルボロ・ヤマハカラーで3つのタイトルを獲得し、1984年、1986年、1988年に500メートルのタイトルを獲得した(1989年にホンダで優勝するまで)。 ロリス・カピロッシはおそらく、2003年から2007年にかけてドゥカティのバイクにマルボロカラーを適用した際の功績が最も記憶に残っているが、1995年にはマルボロ・ヤマハカラーで初の500ccレースで優勝した。

ポイントは、マルボロの赤と白の色が特徴的であり、新しいヤマハ XSR900 GP の第一印象を形成するということです。有名なパターンの赤と白のペイントが特徴ですが、もちろんタバコのブランドロゴはありません。 。

標準の XSR900 は、1980 年代のヤマハ グランプリ バイクを前身としています。 500cc世界選手権では、ヤマハは現在デルタボックスフレームとして知られるフレームを開発し、1982年のヤマハYZR500 0W61でデビューしました。

新しいGPモデルは、1980年代のグランプリマシンからインスピレーションを得て、新しい正方形のフロントカバーを採用し、ヘッドライトも新しい正方形の形状を作り出しました。 見た目の良さに加えて、ヤマハによれば空気力学も改善されているという。 1980 年代のスタイルで接続されており、フレームは管状構造を介してフェアリングに取り付けられ、ダッシュボードは真っ直ぐなブレースで支えられています。

さらに、この方向でヤマハは、オリジナルのTZ250量産レーサーで使用されていたものと「同一」であると言うクルミフレームを上部フェアリングをサポートするために使用しました。 このナット構造は、ヤマハの市販ロードバイクでは初となるベータピンを介して取り付けられています。

新しい XSR900 GP のその他の機能には、スタビライザー バー、第 3 世代のクイックシフター、より高度なライディング ポジション、およびこのライディング ポジションを補正するためのアルミニウム ステムによるシャーシ調整が含まれます。 スピン鍛造ホイール、ブリヂストン Battlax Hypersport S23 タイヤ、完全に調整可能な KYB フロント サスペンション、リモート調整付き KYB リア ショック。 そしてブレンボ製ラジアルフロントマスターシリンダー。

READ  書評: 「チップ戦争: 世界で最も重要な技術をめぐる戦い」、Chris Miller 著