Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ユニフランスの後援のもと、日本でのフランス映画シーズンは続く

アルノー・デプレシャン 彼は、Moviola 配給の映画『Brother and Sister』の 9 月 15 日公開を記念する 1 週間のプロモーション ツアーのため、日出ずる国へ向かいました。 フランスのプロ映画会社は、セルリアンタワー東急ホテルで記者会見と数回のインタビューを企画し、同様に有名なホテルから数歩離れたところに最近移転した伝説的なBunkamuraル・シネマで観客とのミーティングも行った。 渋谷歩行者交差点。 同社はBIA映画祭およびアンスティチュ・フランセーズ・ド・日本と提携し、監督の作品の印象的な回顧展も企画した。 いくつかの映画のような ライミー 『男と遊ぶ』は日本語字幕付きで初公開されました。 デプレシンは東京から、名古屋、大阪、京都のファンに会いに行きました。

その間、 セドリック・クラピッシュさんの 上がる 日本の興行収入では上々のスタートを切り、公開週末には国内の単独興行収入チャートでトップとなった。 この映画は「日本におけるフランス映画のシーズン」ラベルを獲得し、参加配給会社のニュー・セレクトとセテラは映画界やバレエ界の日本のスターが参加する大規模なプロモーション・イベントをいくつか企画できるようになり、映画の公開が確実になった。 素晴らしいメディア報道を受けました。

日本におけるフランス映画シーズンは年末まで続き、クリストフ・オノレ監督の『ウィンターボーイ』(セテラ・インターナショナル配給)、アニッサ・ボヌフォン監督の『ラ・メゾン』(SYNCA Creations Inc.配給)、『A Taste』の制作チームの強力なプロモーション活動や訪問が行われます。トラン・アン・ユン著『オブ・シングス』(ガガの会社が販売)。

世界第 3 位の映画市場であり、アジア有数のフランス映画市場である日本は、フランス映画にとってこれまで以上に主要な地域となっています。 ユニフランスは、次回のフレンチマーケットと映画祭を2024年3月に日本で開催する予定です。

映画(8)

人々(7)

READ  アマンダ・アビントンの声明の「奇妙な」詳細にストリクトリー・カム・ダンシングのファンが気づく