Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ユーロビジョンの勝者は、ウクライナに戻る途中でポーランドの国境で歌います| ユーロビジョン2022

ウクライナのカルシュオーケストラは、月曜日に帰国したポーランド国境で、ユーロビジョン賞を受賞した曲、ステファニアの即興演奏を行いました。

伝統的なフォークロアとヒップホップをブレンドした音楽を奏でるバンドは、青と黄色のバラで演奏し、兵士と女性が国境で挨拶した後、歌に飛び込みました。

ステファニアはイタリア北部の都市トリノで開催されたユーロビジョンソングコンテストの候補者の1人でしたが、決定的な勝利は群衆からのもので、バンドは一般投票から439ポイントを獲得し、25人のファイナリストの中で1位になりました。

「すべての道路が破壊されても、私はいつも家に帰る道を見つける」という歌詞の曲は、ウクライナ人の間で国歌になった新しい共鳴を見つける前に、母親へのオマージュとしてフロントマンオレプシュクによって書かれました戦争で荒廃した国。

日曜日の夜のイタリアのテレビのインタビューで、月曜日に28歳になったペシュークは、母親のことを話したとき、感情的になりました。 「私たちの街、カルシュでは、サイレンは1日に4回鳴りますが、他の場所とは異なります。」

初版、無料の毎日のニュースレターを購読する-毎週平日の午前7時GMT

6人のアンサンブルであるKalushOrchestraは、第66回ユーロビジョンソングコンテストへの旅行を特別に許可されました。 ポーランド、そこからトリノに旅行する前に-チームメンバーの1人が戦うためにウクライナに残ったが。

「どんな勝利も重要なので、応援しましょう」:ウクライナがユーロビジョン2022に勝利-ビデオレポート

彼らが家に帰るとき、彼らはステージの服を脱いで、ウクライナのレジスタンスのユニフォームを着るだろうとプシュークは言った。 「他のウクライナ人と同じように、どんなに時間がかかっても、私たちは戦う準備ができている」と彼は付け加えた。

彼は、包囲された都市マリウポリで開催される来年のユーロビジョンソングコンテストにアピールしました。

READ  写真と映画の仕事を通してウクライナの芸術的才能を強調する日本大学でのイベント