Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ヨネックス: ヨネックスはインドで 15 ~ 20% の収益成長を見込んでいます

上級幹部は、高品質のグラファイト バドミントン ラケットを製造するためにインドに 2 番目の工場を設立した日本のスポーツ用品会社ヨネックスが、インドでの前年比 15 ~ 20% の収益成長を見込んでいると述べました。

「インドはヨネックスにとって世界的に強力で成長している市場です。

ヨネックスは 2016 年にバンガロールに国内初の工場を設立しました。ただし、フィットネスやレクリエーションの目的で初心者が使用するアルミニウム T ジョイント ラケットを生産しています。 バンガロールの新工場は、プロのバドミントン選手が使用するグラファイト ラケットを製造します。

この工場で生産されるラケットは、主にインド市場向けになります。 これにより、国内でプロのバドミントン ラケットが手頃な価格で入手できるようになります。

「私たちはすでに、ツーピースのアルミニウムとスチールのラケットを製造していたバンガロールに製造部門を持っていました。しかし、現在、高品質のグラファイト ラケットを製造するために使用される新しい工場を設立しています。」

彼は、バドミントン ラケットのサイズはより大きくなっていますが、レクリエーションおよびプロのバドミントン ラケットの市場は成長していると述べました。

ヨネックスは、Tジョイントラケットの生産を現在の年間100万本から250万から300万本に拡大する計画です。 「バドミントンはインドで 2 番目に人気のあるスポーツになっているため、ラケットの需要は非常に高い」と Dhar 氏は述べ、ヨネックスはインドのバドミントン用品市場で 75 ~ 80% の市場シェアを持っていると付け加えました。 「日本の技術と最高のバドミントン ブランドの伝統により、当社の市場シェアは高いです。」

Dhar 氏は、国内のバドミントン用品の需要は毎年 15 ~ 20% 増加していると述べました。 彼によると、ヨネックスは国内に 50 の独立した店舗を持っており、毎年 5 ~ 10 の専門店を追加する予定です。

「独立した店舗に加えて、私たちはすべての州で何千ものディーラーに供給する非常に強力な卸売および流通ネットワークも持っています」と Dhar 氏は述べています。

READ  NBA RISE TOSTARDOMが11月に日本で公式発表