Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ヨハン・ザルコと彼が参加する奇妙な「チャンピオンシップ」:「それは日本人ライダー同士のものだ」

ヨハン・ザルコと彼が参加する奇妙な「チャンピオンシップ」:「それは日本人ライダー同士のものだ」

現時点でヤマハとホンダの両者があまり良い順位にないことは知られており、一部の欧州メーカーと比較した場合、結果はグリッド間の競争力の欠如をまさに示している。 現在ホンダに乗っているヨハン・ザルコは、まさにロサイルでそれを感じた。

ドゥカティに4年間乗った後、このフランス人選手はLCRホンダ(2019年に3レースを戦ったチーム)に戻り、両メーカーのライダー間の「チャンピオンシップ」を目の当たりにしたと、Canal+に次のように語った。 「後ろでは日本人ライダー同士のチャンピオンシップで、私は彼女と一緒でした」 [Álex] ファビオ・ライネス [Quartararo] そして彼もそこにいました [Joan] メル。

キャッチできなかった例外がまだあります。 「ヨーロッパ人たちが去っていくのが見えたが、それはそこにあった」 [Maverick] ビニャーレス、率直に言って、私は彼についていきたかった。 しかし、53歳未満という短いコースは、それを防ぐのに十分でした。

残りの部分については、ザルコ氏は、現在の状況は最終的には変わると信じて、物事をゆっくりと進める必要性を強調した。 「バイクの扱いは上手です。とてもいいですし、今は良い情報が入ってきているので、辛抱強くなければなりません。ポケットにいくつかポイントを入れられるのは嬉しいですし、いつも気分が良くなります。仕事はやり遂げました」管理すべきポイントがたくさんあったので、このまま走り続けます。長いレースをやっていると、たくさんの発見があります。

READ  ウクライナ - スコットランド、ポルトガル - スペイン: ネイションズ リーグ ウォッチ - LIVE | 国際連盟