Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ヨーロッパ全体で出生率が低下する中、教皇はイタリア人にもっと子供を産むよう呼びかけ

ヨーロッパ全体で出生率が低下する中、教皇はイタリア人にもっと子供を産むよう呼びかけ

欧州が少子化に苦しむなか、教皇フランシスコはイタリア国民にもっと子どもを産むよう呼び掛けた。

金曜日の講演で、法王は家族を支援するための長期的な政策を求め、この国の人口危機が将来を脅かしていると警告した。

「出生数は人々の希望を示す最初の指標だ」とフランシスコ氏は家族擁護団体の年次集会で語った。 「子供たちと若者がいなければ、この国は将来への意欲を失います。」

これは、多くの先進国が直面している人口動態の冬と彼が呼ぶ状況を逆転させるためのフランシスコのイタリア、そしてその先のヨーロッパに対する最新の訴えだった。

イタリアの出生率はすでに世界で最も低い国の一つだが、約15年間着実に低下しており、昨年は37万9,000人の赤ちゃんが生まれ、過去最低を記録した。

ジョルジア・メローニ首相率いる右派政府は、バチカンの強力な支援を受けて、2033年までに少なくとも年間50万人の出生を奨励するキャンペーンを開始したが、この数字はイタリアの高齢化人口の重みによる経済崩壊を防ぐために必要だと人口統計学者らは主張している。 。

フランシスコは、不安定な雇用契約や住宅購入の障壁を終わらせ、女性が母親になるかキャリアのどちらかを選択する必要がないよう実行可能な代替案を見つけることなど、夫婦に子どもをもつことを奨励するための長期的な政治戦略と政策を求めた。

「私たちの世界の問題は子どもの誕生ではありません。人々を満腹感、孤独感、不幸に感じさせるのは利己主義、消費主義、個人主義です」とフランシス氏は語った。

イタリアのジョルジア・メローニ首相が出生率に関する会議で演説 (著作権 2023 AP通信。 無断転載を禁じます

フランシスコは、主なテーマが「希望」である来たる2025年の聖年の間、人口統計上の魅力を引き続き強調すると予想されている。 木曜日に発令された公式の聖年令、つまり教皇勅書の中で、フランシスコは、夫婦が子どもを持つことに前向きになるようキリスト教徒の間で新たな社会協定を結ぶよう求めた。

最新のデータによると、ヨーロッパの他の地域では、ギリシャの出生数が92年ぶりの最低を記録した。これは、長年にわたる緊縮財政と移住をもたらした債務危機と、若者の意識の変化が影響している。

ギリシャの出生率はヨーロッパの中でも最も低い国の一つで、何年も出生を記録していない村もある。

彼女の政府は出生率を高めるための新たな対策を発表する予定だ。

家族大臣を含むこの計画を起草している当局者らによると、この計画には、家族への現金給付、若者向けの手頃な価格の住宅、生殖補助医療や移民の労働力への統合に対する経済的インセンティブが含まれているという。

READ  私たちは農場で働くために旧ソ連諸国から外国人労働者を雇わなければなりません