Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ライオンズは日本に対して自分自身をテストする準備ができています

アイルランドの選手がマリーフィールドのホームチームのメンバーであることに気付くのはまれなことであり、南アフリカのツアーはスコットランドで毎日開始されるわけではありません。 ブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズが土曜日に日本を国立競技場に迎えるとき、ダット・ファーロングはこの新しい状況に十分に備えるでしょう。

レンスターは、2016年のPRO14決勝でのコナックと来年の6か国でのスコットランドの手による2つの敗北に苦しんでいますが、彼はまた、いくつかの勝利を楽しんでいます。 そして、より明確に言えば、彼は完全に彼自身の権利です。28歳のとき、世界クラスのタイトフィットの売春婦は、今後何年にもわたって彼のクライマックスを恥じることがあります。

新しく集まったプレーヤーのグループとして、彼らはライオンズ全体がピーク時に1か月未満またはそれ以下になる可能性があると信じており、これはSpringboxに対する3つのテストで継続される可能性があります。 日本人との試合は、ヘッドコーチのウォーレン・キャットランドに、試合を行うときに選手がどこにいるかについての正確なアイデアを与えるはずです。ファーロングは、最後のラグビーの世界で母国とスコットランドを破ったチームとの午後を間違いなく楽しみにしています。 。 カップ。

「日本は大きな挑戦です」と彼は言いました。 「私たちは自分たちを知っています。スコットランドはワールドカップ以来自分たちを知っています。彼らは血まみれの良いチームであり、間違いなく私たちをテストします。

「それは私たちにとって大きな一歩です。私たちはゲームの基礎をまとめようとする2週間のフレームワークを持っています。それは私たちがどのようにやっているのか、そして私たちがどこにいるのかを見ることができる成功です。それは良い酸です私たちが学んだことを確認するために私たちのためにテストしてください。

「私たちは何人かのファンを取り戻すのがとても得意です。私たちは長い間ファンの前でプレーしないので、それは間違いなく男の子にとって後押しだと思います。明らかに、チーム全体がゲームのために一緒ではありません、しかし、その時点で2週間の良い男子チームがあります。」

テストクリケットで3位のジャージを率いるFurlongは、TendaiMdavariraに続いてSpringboxの最初の敗者となったStevenKidshopと対戦する予定です。 二人の間の戦いは間違いなくシリーズの中で最も物理的な衝突になるでしょう、しかしアイルランド人は彼らが良いと主張します。

「南アフリカで20歳未満の選手と対戦しているスティーブに会い、それ以来連絡を取り合っています。2016年にアイルランドでツアーを行い、彼を捕まえました。彼らは2017年11月に来ました。

「彼は自分自身のために非常にうまくやっています。彼は彼らにとってとても素晴らしい選手です-パワーアスリート、肉体的、研ぎ澄まされた、血まみれの良い選手です。

「彼は多くの経験を持っています。 彼は南アフリカのためにたくさんのテストを始めていたでしょう、そして今彼は29歳です。 南アフリカのチームは、ワールドカップで最初の最前線を持っていません。 最初の45分後にすべてが変更されます。 彼はとてもエネルギッシュな選手です。 」

試合の膠着状態に非常に近いことは珍しいことではないかと尋ねられたファーロングは、次のように付け加えました。「ワールドラグビーの周りには小さな膠着状態の家族がいますね。 あなたはお互いの違いを認識し、あなたがここの小道具に感銘を受けた瞬間に見ることができます。 これはそれらの奇妙なことの1つです。 「」

その違いの前に、もちろん、日本があります。 ファーロングは今週ジャージでコーチを務めた26人の選手の1人で、スチュアートホークやフィンラッセルなどはシーズンの終わりにプレーオフに参加しているため、まだチームに参加していません。 ニール・ジェンキンス副監督は、欠席者の一部はまだ日本に関与している可能性があると示唆したが、それは今週末に失われ、政府の再編成プロトコルに依存している。

現在誰も含まれていないと仮定すると、キャットランドの下のプレーヤー(12のパースペクティブと14のバック)を誰から取得する必要があります。 このリストには、37人のチームにまだ正式に追加されていないアイルランドの売春婦RonanKelleherが含まれています。

戻る:ジョシュ・アダムズ(ウェールズ)、バンディー・アキ(アイルランド)、ドン・ビッカー(ウェールズ)、ガレス・デイビス(ウェールズ)、クリス・ハリス(スコットランド)、ロビー・ヘンショウ(アイルランド)、コナー・マレー(アイルランド)、アリ・プライス(スコットランド)、 Louis Reese-Jammit(ウェールズ)、Duhan van der Merwe(スコットランド)、Anthony Watson(イングランド)、Liam Williams(ウェールズ)。

フォワード:Dat Byrne(アイルランド)、Jack Conan(アイルランド)、Jander Fakerson(スコットランド)、Ull Loop Falado(ウェールズ)、Dat Furlong(アイルランド)、Ian Henderson(アイルランド)、Alon Vin Jones(ウェールズ)、Vine Jones Wales )、Ronan Kelleher(アイルランド)、Courtney Los(イングランド)、Ken Owens(ウェールズ)、Rory Sutherland(スコットランド)、Justin Tiburick(ウェールズ)、Hamish Watson(スコットランド)。

READ  日本の感性を持ったオークランドバンガロー