Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ライダーが背中の骨折に見舞われた後、世界最速の加速ジェットコースターが停止されました

「スーパーデス」スピードを特徴とする世界で最も急成長しているジェットコースターは、ライダーが背中と首の骨折に苦しんだ後、中断されます

  • ドドドンパジェットコースターは2001年に日本の富士急ハイランドテーマパークにオープンしました
  • 「スーパーデス」コースターは、時速0マイルから時速112マイルまでのライダーをわずか1.56秒で撃ちます
  • 少なくとも6人の乗客が骨折した
  • 4人のライダーが首や背中の骨折をしたと言った
  • ジェットコースターは一時停止されており、調査中です


世界最速のジェットコースター、日本の富士急ハイランドテーマパークにあるドドドンパは、4人の乗客が重傷を負った後、今月初めに停止されました。

「超死のスピード」を備えた曲がりくねった列車として説明されているドドドンパは、2001年に最初に開通し、時速0マイルから時速112マイルまでわずか1.56秒でライダーを撃ちます。

2020年12月から2021年8月にかけて富士山の麓で引力に乗った後、少なくとも6人の乗客が骨折した。そのうち4人は首や背中の骨が折れたと述べた。

旅行は8月12日に公園主催者による検査のために閉鎖されたが、日本の当局は8月17日まで事件について知らされなかった。その時点で旅行は直ちに中断された。

伝えられるところによると、公園の職員は、12月までの20年間の乗車中に負傷したライダーがいなかったことを考えると、負傷に呆然としました。

「超死のスピード」を備えたジェットコースターと呼ばれるドドドンパは、2001年に最初にオープンし、時速0マイルから時速112マイルまでのライダーをわずか1.56秒で撃ちます。

最高点で、ジェットコースターは地面から161フィートに達し、直径131フィートのリングを誇り、世界最大のジェットコースターの1つになっています。

最高点で、ジェットコースターは地面から161フィートに達し、直径131フィートのリングを誇り、世界最大のジェットコースターの1つになっています。

ドドドンパのジェットコースターは2017年に最近改装され、速度を時速106〜112マイルに上げるように変更が加えられました。

最高点で、ジェットコースターは地面から161フィートに達し、131フィートのリングを誇り、世界最大のジェットコースターの1つになっています。

日本の毎日新聞は今週末、ドードードドゥンバに乗り込んだ30代から50代の4人が首と背中の骨を骨折し、数ヶ月の回復が必要だったと報じました。

遊園地の関係者は金曜日、ライダーの負傷の報告を受けて、8月12日に乗車を一時停止することを選択したと述べたが、「負傷と遊園地の機械との因果関係はまだ確認されていない」と主張した。

日本の富士急ハイランドテーマパークにあるドドドンパは、富士山麓に建てられました。 遊園地やジェットコースター愛好家の間で世界で最も有名なアトラクションの1つです

日本の富士急ハイランドテーマパークにあるドドドンパは、富士山麓に建てられました。 遊園地やジェットコースター愛好家の間で世界で最も有名なアトラクションの1つです

富士急ハイランドの関係者によると、ドドドンパはライダーに過度の身体的ストレスをかけ、公園にはライダーに適切な位置に座るように求める警告サインがあります。

2020年12月に最初のライダーである30代の女性が怪我をしたと報告したところ、スタッフがマシンをチェックしたが問題はなかったため、事故は1回限りの異常として扱われた。

今年の5月と6月に怪我が報告された後、公園はその後、メーカーとの旅行をチェックして、マシンがスムーズに動作していることを確認しましたが、異常は見つかりませんでした。

ジェットコースターに乗っているときに骨折したという報告は憂慮すべきものであり、不自由なアトラクションに関する多くのホラーストーリーがありますが、ジェットコースターや同様の遊園地の乗り物で怪我をする可能性は実際にはわずかです。

人間と産業の安全技術の国際ジャーナルであるSafetyScienceによると、国際公園とアトラクション協会(IAAPA)は、2019年に、米国の固定された場所への旅行で重傷を負う可能性は17分の1であると報告しました。百万。

IAAPAの報告によると、このようなランドマークへの怪我のほとんどは、機械の故障ではなく、ライダーの行動や不正行為の結果として発生します。

公園の職員は怪我に呆然とし、12月までの20年間のライディングで怪我をしたライダーはいないと報告した。

公園の職員は怪我に呆然とし、12月までの20年間のライディングで怪我をしたライダーはいないと報告した。

広告

READ  29歳の女性が、出没した池で泳いでいるときにワニに負傷しました。