Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ライブニュースの更新:Covid-19の発生後、タイ経済は縮小に戻る

タイの経済は、Covid-19ウイルスの発生によりバンコクを含む全国で事業が閉鎖され、観光やその他のサービス活動が妨げられた後、9月30日までの3か月で縮小しました。

月曜日に全国経済社会開発評議会の事務所が発表したデータによると、四半期の国内総生産は前年比で0.3%縮小した。

経済計画機関であるNESDCは、輸出、民間投資、政府支出が引き続き増加している一方で、個人消費と公共投資は縮小していると述べた。

国内観光収入は、前四半期の86%の増加と比較して、91.5%減少しました。 ホテルの平均稼働率は前四半期の8.2%から5.4%と安定していた。

キャピタル・エコノミクスのチーフアジアエコノミスト、ガレスレザーは、次のように述べています。

Covid-19 Delta株は6月にタイで出現し、毎日の新しい症例は7月の約3,000から8月の20,000以上に急速に増加しました。

政府は、レストランでの食事の禁止や市場や店舗の営業時間の制限など、厳格な閉鎖措置を課しています。 夜間外出禁止令は午後9時から午前4時まで課されました。

宿泊および外食産業は、前四半期の14.6%の拡大と比較して、18.7%縮小しました。

GDPの縮小は市場の期待に沿ったものでした。 ロイターの世論調査によると、金曜日の時点で、調査対象の13人のエコノミストのうち12人が四半期のマイナス成長を予測していた。

タイでは、ここ数週間で1日あたり7,000〜8,000件のCovid-19の新規症例が報告されています。 しかし、政府は根絶政策を断念し、事件が多発しても企業は通常の状態に戻ることができた。

READ  株式会社ジャパンはまだサービスの遅延によるエピデミックからの不均一な回復を目撃する