Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ライブニュース:ウクライナ戦争はロシア軍の「問題」を露呈、プーチン大統領は言う

中国の習近平国家主席は、ウラジーミル・プーチン大統領から戦争に関するメモを渡されたドミトリー・メドベージェフ・ロシア安保理副議長とのサプライズ会談の後、ロシアとウクライナの間の和平交渉の呼びかけを繰り返した。

中国の国営放送局 CCTV によると、習近平国家主席は水曜日、中国は 10 か月に及ぶ紛争を終結させるため「引き続き和平交渉を推進する」と述べた。

習近平国家主席は「関係当事者が平静と自制を維持し、包括的な対話を行い、相互の安全保障上の懸念を政治的手段で解決できることを期待する」と述べた。

事前に発表されていなかったこの訪問は、9月にウズベキスタンで開催されたサミットでプーチン大統領に戦争についての「懸念」を表明して以来、習がロシア大統領の側近のメンバーに会ったのは初めてだった。

しかし、このように意見の相違をめったに認めないにもかかわらず、中国はロシアが戦争を行ったことを非難せず、NATO がモスクワを挑発していると非難し、ロシアの必需品の購入を強化することで西側の制裁からの打撃を和らげるのに役立った。

プーチン大統領の元大統領兼首相であるメドベージェフ氏は、会談は「非常に有益」であり、ウクライナでの戦争や経済・産業協力などの問題を扱っていると述べた。

プーチン大統領のメッセージは、ロシアと中国の関係の「前例のないレベル」を称賛し、10月に中国の与党共産党党首で習氏が前例のない3期目を獲得した後も関係が続くことは「確実」であることを表明した.

声明は、メドベージェフと習主席の見解は、国連や G20 などの国際機関の「戦略的外交政策の調整」の問題について「おおむね一致」していると付け加えた。

ロシアは、プーチン大統領が2月に侵攻を命じて以来、失われたヨーロッパとの貿易関係と米国との安全保障協力を補うために、アジアでのピボットを深めようとしてきた.

しかし、ロシアの大統領が旧ソ連を離れたのは7月にイランを訪問した1回だけで、それ以外の場合はベラルーシやトルクメニスタンなどの緊密な同盟国への海外旅行を制限し、11月にインドネシアで開催されたG20会議のような主要なサミットをスキップしました。

READ  日本の土砂崩れ:東京西部の熱海町で災害後に少なくとも19人が行方不明| 世界のニュース