Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ラグビースクールジャパンは2023年9月開校予定

ラグビースクールジャパン(RSJ)は2023年9月開校予定です。

新施設は、5 年前にタイで開校したラグビー スクールに続き、ラグビー スクール グループ (RSG) の 2 番目のインターナショナル スクールとなります。

この学校には 7 年生から 13 年生までが在籍しており、最初の定員は 780 人の日勤および寄宿生です。 千葉大学柏の葉キャンパス東京都心から電車で30分。

ラグビースクールが日本に姉妹校を開設する条件が2019年に合意されました。 当時 – パンデミックが発生する前 – RSJ は 2022 年 9 月にオープンする準備ができていると考えられていました。

「ラグビー スクール ジャパン ラグビー スクールは、日本の文化的背景を尊重しながら、イングランドを真に代表するものとなるでしょう」と、RSG のマネージング ディレクターであるピーター グリーンは述べています。

「私たちは、寄宿舎と住宅システムがなじみのない概念である可能性があることを理解しています。したがって、私たちの幅広い課外活動とスポーツ、特にチームスポーツへの熱意.

「私たちは恥ずかしがらずにアカデミックな学校ですが、アカデミックはバランスの取れた教育の 1 つの側面であると信じています。そのため、スポーツ、音楽、演劇は補完的なものではなく不可欠なものです。」

RSJ は 780 人の日学生と寄宿学生を収容できます

ウォリックシャーにある RSG の元の学校の元シニア ハウスマスター、トニー ダービーは、2022 年 9 月に RSJ の創設校長に任命されます。

副学長(学術および牧師)は同じ月に発表され、教育および管理職は秋にTESで発表されます.

グリーン氏は、「日本に住んでいる家族がすでに関心を示していることに感激しています。特に、少人数制のクラス、創造性、問題解決、批判的思考を促進する学習へのアプローチ、そして私たちのグローバル教育と開発の精神。」

写真提供:三井不動産

READ  日産が日本でのセダンの成長を終わらせる