Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ラティファ・ビント・モハメッドがドバイ国際博覧会で日本と中国のパビリオンを訪問

ドバイ:ドバイ文化芸術庁のシェイク・ラティファ・ビント・モハメッド・ビン・ラシッド・アル・マクトゥーム会長、ドバイ評議会のメンバー、同当局のハラ・バドリ事務局長が日曜日のドバイ国際博覧会で日本と中国のパビリオンを訪問しました。 。

彼女の訪問中に、シェイクラティファはこれらのパビリオンの構成要素と、さまざまな社会的、文化的、環境的、技術的側面でそれらが提供する創造性と革新について説明を受けました。

シェイク・ラティファは、日本パビリオンを訪れた際、アラブ首長国連邦の日本大使中島明彦と会談しました。 関口昇総領事。 冨安健委員長、 安藤功、パビリオンマネージャー。 シェイクは、高度で革新的なテクノロジーを使用して日本の歴史、文化、将来の抱負を個人的に旅し、魅力的なストーリーを語りながら、各訪問者に関連する独自の側面を描いたパビリオンのビジョンをプレビューしました。

チャイナパビリオンで、シェイクラティファは中国総領事の李朱昌と会談しました。 Zhang Shenfeng、コミッショナージェネラル; そして中国当局者のグループが、文化、デザイン、創造性の分野で協力する機会について話し合った。 ツアー中、彼女は情報技術、現代の輸送、人工知能、さまざまな技術革新の分野での中国の業績についても説明を受けました。

READ  健康ITセキュリティの市場規模と分析