Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ラドワン「スコーピオ」がボクサーを伊丹から日本へ連れて行く

ラドワン「スコーピオ」がボクサーを伊丹から日本へ連れて行く

ラドワン「スコーピオ」がボクサーを伊丹から日本へ連れて行く

管理者による

イラン生まれの日本人ボクサー、リドワン・“スコーピオン”・オエコラは、2人の国産ボクサーを確実に日本に連れて行くことで彼らの成長を促進したことを明らかにした。

イバダンで休暇中のリドワンは、ボルワジ・オグンモラが司会を務めるBCOSテレビのサタデー・ブレックファースト・スポーツの独占インタビューに出演し、この発表を行った。

ビジネスマネージャーのオルソラ・アヨデレ氏を伴って、リズワン氏は「人々が来てもらうための計画がある。だから私のフォームは今日本にある。ボクサービザが承認されていることを確認し、彼らがビザを受け取るよう呼ばれた」と語ったという。月曜日にアブジャで。人々が成長するのを見るのが好きです。」

ソラ・フォードとしてよく知られるオルソラ・アヨデレは、リズワンがアラブ首長国連邦のドバイで国際デビューを果たしたと指摘した。

彼は、ラドワンの主張により、彼(フォード)は近代的な設備での訓練がラドワンの世界への侵入に役立つと信じさせたと指摘した。 スコーピオンのマネージャーは続けて、レドゥアンはより良いオファーを求めて日本に来て、当時の日本のシードを破ったことでさらなる可能性が解き放たれたと語った。

オエコラはここ8か月で5試合に出場し、4勝1分けの成績を収めている。

ラドワンさんは、世界クラスの施設でトレーニングする機会が与えられたため、日本の環境に適応するのに多大な努力が必要だったと説明した。

リドワン・オイコラ氏はインタビューの最後に、オヨ州知事の工藤氏に感謝の意を表した。 セイイ・マキンデとBCOS TVスポーツユニットは彼の成長を支援し、ペースセッター州にさらなる栄光をもたらすことを約束した。

READ  ユーロ2020ニュースライブ:イングランドの最新の反応とポルトガル-フランスの試合へのブースト