Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ラナ・テジャのアクション映画に日本人レンズマン永田哲?

ラナ・テジャのアクション映画に日本人レンズマン永田哲?

著名な日本の撮影監督、永田哲が、人気スターのラナ・ダグバティとテジャ監督のアクション・アドベンチャーと評される映画のカメラを回すことになる。 彼は、「The Vicers Ward」、「What’s’ Life」、「125 Years Memory」、「Micmacs」などの古典的な映画に取り組み、その卓越した撮影スキルを披露しました。 「彼はすでにカンナ・ラナウト主演の『エマージェンシー』というヒンディー語映画の撮影を行っており、その映画に向けて最高の定期ショットを本格的に撮影している」と関係者は述べ、さらに「テジャ監督は永田と何度か打ち合わせをしており、おそらく、彼もそこにいるでしょう。」 さらに、「彼はカメラを動かします。彼は日本人ですが、フランスに住んでいます」と付け加えた。

ラナ・ダグバティの映画は、スリランカやその他の美しい場所で撮影されたアクション・アドベンチャーとして宣伝されていたため、テツは観客に視覚的なスペクタクルを提供する最良の選択でした。 「彼はその輝かしいキャリアの中で、戦争映画、コメディ、ドラマ、アクションアドベンチャーに出演し、その多才さを示してきました。彼はヒンディー語で映画に出演しており、今ではトリウッドでのデビューに向けて準備万端です。彼は大作が好きだったからです」人生の脚本は原則に基づいている」と彼は指摘する。

ラナは全インドへのアピールを求めており、業界最高の作品に匹敵するニッチなアクション物語を世に出すために世界中の有名人を結集させている。 この映画はアチャンタ・ゴピナートが豪華なスケールで製作しており、大ヒットとなるだろう。 ラナとテジャは大ヒット作「ネネ・ラジュ・ネネ・マントリ」に続き再びタッグを組み、再び興行収入の魔法を取り戻す計画を立てている。

READ  ユーロビジョン:スイスの優勝者ネモ、主催者を「二重基準」で批判