Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ラプターズの渡邊雄太は、ジャパンデイイベントで次世代を盛り上げることを楽しみにしています。

トロント-日曜日の夜にトロントラプターズ-ワシントンウィザーズのティルトパーティーのためにスコシアバンクアリーナにいる場合は、ベルが聞こえた後でも滞在することをお勧めします。

特に渡邊雄太のファンなら。

ラプターズがウィザーズと対戦した後、日曜日にスコシアバンクアリーナで行われる日本文化の特別なお祝いの一環として、ラプターズのファンに人気のストライカーがゲストとして迎えられます。

「ジャパンデイ」と呼ばれる日曜日のイベントでは、ラプターズのストライカーとのイベントに参加するために特別にチケットを購入したファンのグループと渡辺が質疑応答を行います。

2019-20 NBAシーズン中に実際に開始されたイベントのために、合計で375枚を超えるチケットが販売されました。

「当初、このイベントには300枚のチケットが割り当てられましたが、すべてのチケットがすぐに売り切れました」と、フリーランスのライターであり、日曜日の日本での開催を支援しているIBFエージェントの池田輝氏は述べています。 「とても速かったので、2番目のブロックを取り出さなければなりませんでした。」

2020年1月、ラプターズと同時期にスコシアバンクアリーナで最初のジャパンデーが開催され、2019年夏に日本のストライカーである八村ルイを起草したばかりのウィザードが再びプレーしました。

このイベントは大成功を収め、約400人が参加したため、ウィザーズが町にやってきたときに毎年ラプターズのカレンダーに載せることができるものとして、メイプルリーフスポーツアンドエンターテインメントの営業チームの関心を呼び起こしました。

その後、2021年から22年のシーズンは、ラプターズが追放され、フロリダ州タンパですべてのゲームをプレイすることを余儀なくされました。つまり、直接のイベントはあり得ませんでした。 しかし、渡辺がチームに加わり、ラプターズのコアファン層の間で非常に人気があり、日本自体からラプターズに新しいファンを連れてくることで、資本化しようと何もしないのは無謀なようですので、MLSEの祝福を受けてそして、2021年6月に日本の2日目(今回はすべて仮想)に開催されたラプターズは、参加者が仮想環境で渡辺と完全に日本語でチャットする機会を支払いました。

それから、これは今日曜日につながりました。そして、もちろん、日本の3日目が行われるように設定されています。そして、猛禽類は魔女と対峙します。

残念ながら、渡辺がラプターズに加入してから4回目となるのは、橋村が個人的なことに興味を持ってウィザーズに戻ってきたため、彼とチームメイトのロイ・ハッチムラはお互いの対立を見逃すことになります。 それでもゲームフォーマット。

しかし、橋村がいなくてもショーは続くはずであり、渡辺と一緒に、ジャパンデイにはイベントが伝えようとしていることの価値を支持する強力な俳優がまだいます。

毎年ミシソーガで開催される成功したジャパンフェスティバルカナダのスナップショットであるジャパンデーは、MLSEがカナダでジャパンフェスティバルを開催する組織であるジャパンエキスポカナダに近づいた2019-20ラプターズシーズンに開催されました。グレータートロントエリア全体の日本のコミュニティにより良いリーチをするために。

「2019年、トロントラプターズは、ラプターズのためにある種の主流のイベントを設定することを提案しました」と、Japan ExpoCanadaの社長兼CEOであるテリーワカサは述べています。

橋村がリーグに参加し、後にラプターズが渡辺を選んだことでタイミングは幸運だったが、ギャップを埋める方法として最初にカナダでジャパンフェアを設立した若狭がいなかったなら、イベントは可能だったかもしれない。彼がビジネスコンサルタントとして見たのは、日本の文化祭がなかった場所です。ロサンゼルスやニューヨークで見られるような大きなお祭りと同じくらいの大きさです。

ですから、1996年にカナダに移住した日本人である若狭にとって、カナダの人々に日本の食、文化、技術を宣伝するのに役立つ日本に焦点を当てたイベントを作成することは、スコシアバンクアリーナでのジャパンデーはその延長に過ぎません。

ジャパンデーを設定する理由は、他のイベントクリエーターである、トロントを拠点とするJ AthleticsCanadaの創設者である小上誠氏と同じです。

「私たちの目標は、私たちのコミュニティと子供たちがスポーツに満足できるようにすることです」と、認定サッカーコーチのウナガミは言いました。 「だから私が日本にいたとき [as a kid] 日本と韓国が主催するワールドカップがありました。 それで、私は日本にいて、スポーツに情熱を持っている多くの重要な瞬間と人々を目撃しました、そしてこれは私の人生に私をもたらします。 子供たちにも同じ体験をしてもらいたいです。」

Unagamiの次世代への恩返しの願望は、Team J Athletics Canadaの創設から始まりましたが、幸運にも2017年にMLSEおよびTFCと提携して、日本赤軍のコミュニティイベントの開催を支援しました。彼にとっては、ついに若狭(そして池田)と協力して猛禽類と一緒に日本の日を作りました。

MLSE財団の目標の1つは「スポーツとエンターテインメントを通じて若者」に力を与えることであるため、ジャパンデーの目標はぴったり合っているようです。

アクションに興味がある場合は、日曜日の試合後、スコシアバンクアリーナのセクション103と104に進んでください。

READ  東南アジアと香港のための11のセキュリティ追加の権利