Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ラモス・Q、台湾​​で失踪。 八雲山は日本に頻繁に訪れる

ラモス・Q、台湾​​で失踪。 八雲山は日本に頻繁に訪れる

フィリピン、マニラ – 土曜日にチャイニーズ・タイペイで開催された台湾グラス・タイフォン・オープンで、タイのスティパット・プラティプチンチャイが66で3ラウンドのリードを確保したにもかかわらず、ショーン・ラモスとアンジェロ・ケオはパーオーバーのラウンドでつまずき、ランキングを落とした。 。

ラモスは2バーディを放ったものの、2ボギーと1ダブルボギーを喫し、70、72以降も苦戦し続け、泰豊ゴルフクラブで36-38を打ち、216で40位から51位タイに後退した。

彼は、15アンダー201で指揮を執った際、タイフォンの5バーディを奪って35勝31敗のカードでタイフォンの裏側を猛追したプラティプティエンチャイとは15打差に迫り、69を打った元共同リーダーで同胞のチャプチャイ・ニラトとは2打差となった。 203の場合。

ラモスは、14番でボギー、その後のパー3でダブルボギーという不完全なバックハンドスタートから危うく挽回した。 彼は18番と3番ホールでバーディを奪ったが、6番ホールでまたも不運に見舞われて74をマークした。

同様に、キーオも第2ラウンドで74から巻き返して70を記録し、重要なラウンドで期待を高めた。しかし、同じくスタートした11番でバーディを奪った後、アジアンツアー3度優勝者のキーオは14番でボギーを叩いてダブルを叩いた。 16番パー5でボギー。

17番からの連続バーディでイーブンスタートを守り、1番と3番のバーディでダブルも落とした。 しかし、4番でボギー、6番でもボギーの73をたたき、217で56位にとどまった。

広告

スクロールして続行します

日本では、ヨビック・バグンサンが、最終11ホールで5オーバーリードしていたものの、6ホール後にまた2ショットカードを破り、8番パー3でダブルボギーを喫した。彼は2年連続73で終え、順位を落とした。昨日も東京で行われたジャパンJTカップ3回戦で27位に終わった。

彼は日本ゴルフツアーの今年の最終トーナメントで217を記録し、30人の選手が参加するフィールドで最後から4番目に落ちた。

東京よみうりカントリークラブ・パー70のコースで、三ケ川耶香が66を打ち、68を打った中島啓太を197で引き分け、それぞれ62と68から199秒後に打った石川遼と金谷拓実を2打上回った。

READ  ファブリツィオ・ロマーノがセリエAのスター、レヴィの移籍時期を明らかに、「最終段階」でトッテナムが高額契約